備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ~ 福山を楽しむ拠点に、福山のモノや技術をかっこよく伝えるホテル

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ~ 福山を楽しむ拠点に、福山のモノや技術をかっこよく伝えるホテル

ホテル・旅館 , 泊まっとこ / 2020.10.01

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA(アンカーホテル福山)は、JR福山駅から徒歩3分のホテルです。

かっこよくおしゃれで、わくわくする空間。
実は「地元の良いもの」をたくさん使ってできているのです。

デニムに、鉄や木の家具、真田紐、そして朝食には絶品のホットドッグ。
「こんなに魅力的なものがあったんだ」と、福山や広島がますます好きになりました。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAの魅力を紹介しましょう。

Ads by Google

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAのデータ

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 外観
名前ANCHOR HOTEL FUKUYAMA
地域
所在地広島県福山市城見町1-1-10
電話番号084-927-0995
チェックイン午後2時~翌日午前2時
チェックアウト~午前11時
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
施設情報全35室
禁煙ルーム
各部屋に洋式トイレ
夕食なし/朝食つき
おむつバケツ、ポット貸し出しあり
お風呂QWEEN BED ROOMは個室内にシャワーブース
ANCHOR PENTHOUSEは個室内にバスタブあり
宿泊者は福山オリエンタルホテルの大浴場利用可能
Wi-Fiあり
駐車場あり
福山オリエンタルホテルの敷地内38台、1泊500円
ホームページANCHOR HOTEL|アンカーホテル福山

道順を確認

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAのコンセプト

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAは2018年12月にオープンしました。

ANCHOR(アンカー)とは、船の錨(いかり)のこと。
30年以上福山オリエンタルホテルを営んできた、株式会社サン・クレアが運営しています。

ホテルのコンセプトは、「アンカリング」。
錨をおろすことになぞらえ、心などをつなぎとめる・望みをかける・停泊するといった意味があります。

ホテルをきっかけに、福山を知ってもらいたい、人や地域をつなぎたい
そんな願いがぎゅぎゅっと詰まっている、ANCHOR HOTEL FUKUYAMA。

ただ「名産品を取り入れる」だけだとチグハグになりがちですが、アートディレクションがしっかりしているため、統一感があって心地よいホテルです。

福山の魅力あふれる客室

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 客室

QWEEN BED ROOM

客室には、地元企業によるプロダクトが、惜しみなく揃えられています。

福山・備後のデニム

客室で、まず目に飛び込んでくるのは、デニムではないでしょうか。

福山市の「ディスカバーリンクせとうち」が、ホテルオリジナルのデニムアイテムにおける企業のコーディネートをしています。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ベッドスロー

ベッドスローは福山市の隣町である岡山県井原市の「吉河(よしかわ)織物」の生地。
スーパーブランドにも生地を卸しているメーカーです。

商品を作る際に使われる生地見本を元に、特注しています。

筆者は、布を切り貼りした生地見本は見たことがありましたが、1枚布でも見本ができることを知りませんでした。
「この見本を見ながら、数々のプロダクトが作られているのだろうなあ」と、想像が膨らみます。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA トートバッグ

移動時に使えるデニムトートバッグも、お揃いの布地です。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 浴衣

刺子のような模様が特徴の浴衣帯は、吉河織物社製のデニムを、福山市の「名和(なわ)産業」が縫製したものです。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 丹前

デニムを使った丹前羽織も、とってもかわいい!
男性にも女性にも似合うデザインではないでしょうか。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 客室

デニムクッションは、ブルーデニム生地で国内シェアの50%以上を占める福山市のメーカー「カイハラ」の生地です。

デニムが、部屋のリラックス感を増してくれるなと感じました。

福山の家具や小物

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

福山市「藤井リボン」の真田紐(さなだひも)は、丹前の背の部分や、靴べらを吊るす紐などに、さりげなく使われています。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 客室

部屋で飲めるANCHOR HOTEL FUKUYAMAオリジナルコーヒーは、福山出身のロースター「DEER BRAND COFFEE」が製造。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA スツール

すべすべなめらかな手触りが心地よいスツールは、広島県府中市の「伝統工芸」社の製作です。

その他の客室の特徴

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA タオル

刺繍の入ったタオルは、厚めでふかふかでした。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA オリジナルの水

ミネラルウォーターもオリジナルパッケージです。

全客室に内線を兼ねたタブレットがあり、周辺のグルメ情報・観光情報、動画などを見られます。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

シャンプー類は、植物由来石けんをベースにしていて、天然精油の豊かな香りが特徴です。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA Anniversaryプラン

Anniversaryプラン 画像提供:ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

誕生日などの特別な日には、部屋を飾り付けしてもらえるAnniversaryプランがおすすめ!

スペシャルな客室「ANCHOR PENTHOUSE」

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ペントハウス

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAの10階には、「ANCHOR PENTHOUSE(アンカー ペントハウス)」と呼ばれるスペシャルな客室が1室だけあります。

大人5名+子ども2名(添い寝)の7名が泊まれる、広い部屋です。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

本革ソファーベッドは、福山市のソファー専門メーカー「心石(こころいし)工芸」のもので、ゆったり寝転がれます。

サイドテーブルは、角の部分に注目してください。
額縁製造の技術を活かして作られているのです。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA サイドテーブル

ペントハウスは、家電も充実しています。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

LGエレクトロニクス・ジャパンのホームクリーニング機は、衣類のにおいやシワをすっきり落としてくれ、焼肉に行っても臭いが残らないそう。

大風量のDyson(ダイソン)のドライヤー、KEURIG(キューリグ)のエスプレッソマシン、Apple TV、Alexa(アレクサ)もありました。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ペントハウス

LIXIL(リクシル)のバスタブは肩湯機能があり、半身浴と全身浴の両方の良さを味わえます。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ベランダ

バルコニーでのんびりするのも良いですね。

福山オリエンタルホテルの大浴場を利用できる

福山オリエンタルホテル 大浴場

福山オリエンタルホテルの大浴場

宿泊者は、福山オリエンタルホテルの大浴場を無料で利用できます

福山オリエンタルホテルの大浴場は、かけ流しの壺湯が特徴。

福山市・鞆の浦では、16種類の薬草を漬け込んだ薬膳酒「保命酒(ほうめいしゅ)」が作られています。
保命酒造りに使う薬草を入れた壺湯などがあります。

建物間の移動はありますが、徒歩30秒なのであっという間。
デニムのトートバッグや丹前を持って、出かけてくださいね。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA シャワーブース

QWEEN BED ROOMにバスタブはありませんが、個室内にシャワーがあります。
好みや状況に合わせて、大浴場かシャワーか選んでください。

マンションを改装した建物

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

地域の歴史や文化に敬意を示したホテルの設計は、「西村崇(にしむらたかし)建築設計事務所」が担当しました。

マンションを改装していて外廊下なので、換気もばっちりです。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA

庭のデザイン・施工は「ランドスケープ庭譚(にわたん) 」。
ベンチは、福山市で木材製品の開発を行う「池上(いけがみ)産業」が製作しています。

すべて福山市の会社です。

緑とベンチがあることで、ゆるやかに外とつながれるように感じました。

1階はバー&朝食会場

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ANCHOR BAR

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAの1階は、バー&朝食会場です。

バーにも福山のアイテムたっぷり

1階にも、福山で作られたプロダクトがたくさん使われています。

建具やカウンターは福山市の鉄工所「千年」製。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ANCHOR BAR

ソファーは、ペントハウスのソファー同様、「心石工芸」です。

キャビネットとミラーの額は、「池上産業」によるもの。
バーのイメージに合わせ、古材を利用して作られています。

スツールと4本足のスチールテーブルは、福山市の鉄工所「三暁(さんぎょう)」製です。

夜は料理も充実したバー「ANCHOR BAR with あき乃」

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ANCHOR BAR

午後5時から午前0時までは、「ANCHOR BAR with あき乃として営業しています。

宿泊者は、2杯目のドリンクが半額になる特典付き。

広島県産クラフトジンなど、ジンにこだわったお店です。

特徴的なのは、広島県尾道市の生口島(いくちじま)にある「たではら農園」から仕入れた、完熟前のみかんを使ったオリジナルカクテルや、シトラスジン。

ホテル周辺は飲食店の多いエリアですが、ANCHOR BAR with あき乃もフードメニューが充実しているので、夕食にも使えるのではないでしょうか。

朝食は最高のホットドッグ

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 朝食

午前6時30分~午前11時は、朝食会場となります。

朝食は、ホットドッグもしくはサンドイッチと、ドリンク。

ともに福山の人気店である、精肉店「池口精肉店」のソーセージと、パン屋「ザ・スタンダード・ベーカリー」のパンを使ったホットドッグは、絶品です!

筆者がこれまで食べたホットドッグのなかで、一番だと感じました。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 朝食

コッペパンのホットドッグとオレンジジュース

ソーセージは、肉の下処理から燻製まで完全手作りされています。
パリッとジューシーな茹でソーセージです。

パンは以下の3種類から選べます。

  • プレーン
  • 発酵バターのクロワッサン
  • 全粒粉コッペパン
ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 朝食

クロワッサンのホットドッグ

夜のANCHOR BAR with あき乃でも、コッペパンのホットドッグがメニューにあり、材料は一緒です。
しかし、夜は焼き/朝は茹で と調理法が異なるので、味わいが異なりました。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA フレッシュジュース

ドリンクは「DEER BRAND COFFEE」オリジナルブレンドコーヒーまたは、フレッシュジュースを選べます。

フレッシュジュースは、絞りたてでオレンジの甘味と酸味をダイレクトに感じられました。

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 朝食

BLTサンド

テイクアウトも可能なので、時間が限られている日も安心です。

ホットドッグ・ドリンクは、宿泊者でなくても購入できますよ。

品名価格(税込)
ホットドッグ650円
BLTサンド700円
ドリンク各種500円
宿泊者は無料です。

続いて、株式会社サン・クレアの広報 東真貴(あずま まき)さんにインタビューをしました。

インタビューを読む

ANCHOR HOTEL FUKUYAMAのデータ

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA 外観
名前ANCHOR HOTEL FUKUYAMA
地域
所在地広島県福山市城見町1-1-10
電話番号084-927-0995
チェックイン午後2時~翌日午前2時
チェックアウト~午前11時
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
施設情報全35室
禁煙ルーム
各部屋に洋式トイレ
夕食なし/朝食つき
おむつバケツ、ポット貸し出しあり
お風呂QWEEN BED ROOMは個室内にシャワーブース
ANCHOR PENTHOUSEは個室内にバスタブあり
宿泊者は福山オリエンタルホテルの大浴場利用可能
Wi-Fiあり
駐車場あり
福山オリエンタルホテルの敷地内38台、1泊500円
ホームページANCHOR HOTEL|アンカーホテル福山
Ads by Google
吉野なこ

吉野なこ

写真と旅とデザインが好きで、最近は瀬戸内の美しさに心奪われています。
ときめくもの、素敵なところをお届けします!

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA ペントハウス

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。