備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
田丸屋 ~ 古民家と庭と海の幸 山の幸!ストーリーと驚きを提供する沼隈のワインバー

田丸屋 ~ 古民家と庭と海の幸 山の幸!ストーリーと驚きを提供する沼隈のワインバー

食べとこ / 2022.01.22

四季折々の表情を見せる和風庭園を眺めながら、沼隈の海の幸や山の幸をじっくりと味わう、至福のひとときを過ごしませんか。

沼隈町にある隠れ家的なワインバーが「田丸屋」です。

2階にはパンとお菓子の店「ルヴァンヴェール」、そしてすぐ近くには酒屋の「田中商店」があります。

「お客さんが何を欲しているか、それを考えるのがサービスの基本だから、うちはずっとアナログで行きたいんです」

そう語るオーナーが経営する3つの店のストーリーと驚きを、紹介しましょう。

記載されている内容は、2022年1月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

田丸屋のデータ

名前田丸屋
住所福山市沼隈町中山南713-1
電話番号084-988-0639
駐車場あり
9台
営業時間【ランチ】
木・金:午前11時~午後2時
土・日:午後0時~午後3時
【ディナー】
木・金・土・日:午後6時~午後10時
(※詳細はSNSや電話で確認ください)
定休日月、火、水
支払い方法
  • 現金
  • PayPay
予約の可否
座席21席
・カウンター数:3
・座敷・テーブル席数:18
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページ田丸屋

道順を確認

ワインバー「田丸屋」

道路からは店の存在にも気づかない、隠れ家のような店が「田丸屋」です。

食べる前から仕掛けられるいくつもの驚き

駐車場の隅にある看板が目印です。

田丸屋看板

通路を奥へと進むと、ようやく店らしい雰囲気に。

田丸屋&ルヴァンヴェール

この先が入り口です。

田丸屋入り口

ドアを開けると、また細い通路があります。ワクワク感が高まりますね。

店内の小道

通路を抜けて見えるのは、落ち着いた雰囲気の店内と、そして庭です。

田丸屋店内
1月の庭
1月の庭。木々の葉が落ちた風景も風情がある。

床の間には、掛軸と花。

床の間

デザイン書家の高田優子さんとビジョンプロジェクター田中美紀さんの合作のふすまは、スタッフからの贈り物だそうです。

ふすま
楽しそうな動物たちと力強い文字が、店の雰囲気を語る

食べる前からいくつもの驚きが仕掛けられていました。

田丸屋の平日ランチ

平日(木・金)のランチメニューは3種類です。

平日のランチメニュー

田丸屋ランチ(15食) ¥1,500(税込)
羽釜で炊いたおむすび 内海の一番海苔 酒屋の粕汁
おばんざい(日替わり) 漬物

日替わりカレー(5食) ¥1,500(税込)
寺田シェフの特製カレー2種 アチャール2種

スープランチ(5食) ¥1,500(税込)
季節のスープ サラダ ルヴァンヴェールの天然酵母パン2種

料理が出てくる前に、徳利(とっくり)を持った店員さんがテーブルへ。

戸惑っていると、「これは料理に使っているお出汁です」と注いで去っていきました。

お出汁のテイスティングは初めての経験です。

おそるおそる味見してみました。うん、旨い。

これも驚きの仕掛けですね。

注文した「田丸屋ランチ」が運ばれてきました。

まずは、酒屋の酒粕を使った粕汁をすすります。

野菜と出汁の旨味を酒粕が包んでいるような、心からホッとする、そして身体の中から温めてくれる、そんな粕汁です。

春菊のサラダには、菊芋のチップスと、紅まどんなというオレンジ、干し柿をトッピング。

春菊の鮮烈な香りと果物の甘味を、豆腐をベースとしたドレッシングがうまくまとめています。

じゃがいもとさつまいものサラダは、ヨーグルトで味を整えられていて、これもまた印象に残る味でした。

田丸屋ランチ

塩むすびに使っているのは、熊野町産のお米です。

毎朝、羽釜でふっくらと炊き上げています。

黒々と輝くのは、内海町にあるマルコ水産の一番海苔です。

一番海苔とは、シーズンの最初に収穫する海苔のことで、歯切れも食感も素晴らしく、風味も格段に良いのだとか。

シンプルな塩と海苔のおむすびは、最高のご馳走です。

おむすびと海苔

続いて出てきたのは、れんこんボール

れんこんと百合根が入っており、出汁とカブのあんがとろりとかかっています。

ふんわりと、それでいてしっかりとした食感で、どんどん箸が進みました。

れんこんボール

「ルヴァンヴェール」のパンを美味しく食べてもらうためのスープランチも、季節と地元のものを使って作られています。

ポタージュは、昆布とカツオとしいたけとドライトマトを出汁にして、山田米でとろみをつけているのだそうです。

焼き白菜とマグロのサラダは、焚き火で焼いた白菜の香ばしさが心地よい一品。

メインである天然酵母のパンは、これまで食べていたパンのイメージをひっくり返すほどのインパクトがあります。

スープランチ

田丸屋のディナー

ワインバー田丸屋では、さまざまなワインが楽しめます。

ワインが好きでワインに合うものを熟知しているシェフだからこそ作れる料理も、田丸屋のストーリーと驚きの一つです。

ディナーはコースメニューのみとなっています。

2021年12月のディナーを紹介しましょう。

前菜は、ペルー料理のセビーチェ(魚と野菜のマリネ)。

スパイスとハーブの香りで食欲を刺激して、コースが始まる仕掛けです。

セビーチェ

天然酵母パンには、塩麹バターが添えられています。

このバターがまた素晴らしく、これだけをいつまでも食べていたくなるほど。

天然酵母パン

タケノコイモのスープは優しい味です。

薪(まき)の火で焼いた菊芋とビーツと人参が、やわらかく甘くお腹と心を満たします。

タケノコイモのスープ
タケノコイモは里芋の一品種。京いもともいう。

ニンニクの香りをまとった、しらすと海苔のパスタ

一番海苔の旨みがたっぷりと味わえます。

しらすと海苔のパスタ

スズキのポワレと焼きハマグリです。

スズキの身の表面はカリッと中身はフワッとして、ヨーグルトをベースとしたソースとの絡みも最高でした。

スズキのポワレと焼きハマグリ

ハンバーグは、添えられたじゃがいもとかぼちゃのペーストをつけて食べるとちょうどいい味になるように、計算されています。

ハンバーグ

食後に、コーヒーとプリンを追加しました。ほろ苦いカラメルソースがかかった口溶けのよいミルクプリンは、ルヴァンヴェールの人気スイーツです。

ミルクプリン

自家製酵母パンとお菓子の「ルヴァンヴェール」

ランチを終えたお客さんは、ほぼ例外なく2階へ上がっていきます。

2階から眺める庭はまた別の趣

ルヴァンヴェールカウンター

田丸屋の2階を改装して2021年6月にオープンしたルヴァンヴェール。

ハンドドリップのコーヒーを飲みながらゆったりとくつろいだり、パンやお菓子を買ったりできるようになっています。

ルヴァンヴェール店内

2階からの景色は1階からのものとはまた違い、森のようなイメージです。

2階からの眺め
11月の庭を2階から眺める(画像提供:ルヴァンヴェール)

旨さと驚きがいっぱいのパン

ルヴァンヴェールのパンは、天然酵母のパンに魅せられたオーナーの奥さまが、さまざまに試行錯誤しながら作り上げたものだそうです。

イングリッシュマフィンの中にクリームチーズやレーズンが入っていたり、パン・オ・フリュイにぎっしり詰まったドライフルーツに唸ったり。

カンパーニュのようなシンプルなパンも、その味わいの豊かさに驚かされます。

こんなパンがあったのか。私は今まで何を食べてきたんだ。そう思いました。

パンと焼き菓子

期待をどんどん良いほうに裏切っていくお菓子

お菓子もまた、想定をポンと飛び越えていく、そんな驚きに満ちています。

2021年10月に尾道市向島にある「刺繍と花とあれこれ 綯う-nau-」のオープン記念に販売された、ルヴァンヴェールの焼き菓子とnauの刺繍巾着とのコラボ商品がこちら。

nauとのコラボ商品

ハーブとペッパーのフロマージュサレローズマリーアイスボックスクッキーエディブルフラワーのアイシングクッキーなど、ハーブとスパイスが使われた焼き菓子は、甘いだけではなく新鮮な刺激に満ちていました。

ハーブとスパイスの焼き菓子

ワインと沼隈ぶどうの「田中商店」

田丸屋の出発点は、酒屋の「田中商店」です。

田中商店

扱うワインは150種類以上

店内にはずらりとワインが並んでいます。

ワインが沢山ある

150種類以上のワインがあるそうです。

1本ずつ手書きのタグがつけられているので選びやすい!

タグの付いたワイン

沼南葡萄畑(しょうなんぶどうばたけ)のジュースはオーナーが育てたぶどうを使った、100パーセントのストレートジューです。

田丸屋やルヴァンヴェールでも提供しています。

沼南葡萄畑のジュース

日本酒や焼酎も多い

もちろん、日本酒や焼酎もそろっていますよ。

日本酒や焼酎

店の人に相談しながら好みのお酒を選んでくださいね。

日本酒コーナー

お酒に合う食材もいろいろ

お酒のお供にしたい、美味しいものも並んでいます。

オーガニックのナッツや豆、ドライフルーツなども気になりますね。

オーガニック食材

酒粕や味噌、麹(こうじ)のほか、オーガニックチーズなども。

酒粕や味噌など

沼隈ぶどうを全国に発送

夏には、沼隈産の美味しいぶどうを扱っています。

毎日50軒分、80ケースぐらいを全国のお客さんに向けて発送する日々は、およそ3か月続くのだそうです。

田中商店看板

たくさんの驚きがある3つの店について、オーナーの田中 靖啓(たなか やすひろ)さんに詳しく話を聞きました。

インタビューを読む

田丸屋のデータ

名前田丸屋
住所福山市沼隈町中山南713-1
電話番号084-988-0639
駐車場あり
9台
営業時間【ランチ】
木・金:午前11時~午後2時
土・日:午後0時~午後3時
【ディナー】
木・金・土・日:午後6時~午後10時
(※詳細はSNSや電話で確認ください)
定休日月、火、水
支払い方法
  • 現金
  • PayPay
予約の可否
座席21席
・カウンター数:3
・座敷・テーブル席数:18
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページ田丸屋
Ads by Google
山口 ちゆき

山口 ちゆき

Webライター。夫と息子2人の4人家族。毎日どんなごはんを食べようかと考えている食いしんぼうです。お菓子作りと読書が好き。

田丸屋店内

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

はれとこからのお知らせ

  • 寄付募集
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 市民ライター基礎コース
  • ホーム
  • 食べとこ
  • 田丸屋 ~ 古民家と庭と海の幸 山の幸!ストーリーと驚きを提供する沼隈のワインバー