備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
オミラボ 〜 福山市北部の小さなコワーキングスペース。地域のハブとなる施設を目指して

オミラボ 〜 福山市北部の小さなコワーキングスペース。地域のハブとなる施設を目指して

知っとこ / 2023.01.12

テレワークになったけど、家で仕事をするのは集中できない…。
そんなときに利用したいのがコワーキングスペースです。

ただコワーキングスペースといえば、街なかにある印象がありませんか。

福山の郊外は車移動がメインです。
駐車場があって車で行ける場所にあれば助かりますよね。

実は、福山市北部の駅家町(えきやちょう)に車で気軽に行けるコワーキングスペースがあります。

それが「オミラボ」。

株式会社 Omit(オミット)というWeb関連企業が運営しています。
だからWeb関係で知りたいことがあれば、気軽にスタッフに質問もできるのです。

またコワーキングスペースでは、ミーティングルームを利用できるところが多いですよね。
オミラボでは、なんと基本利用料のみでミーティングルームが使えるのです。

福山北部にあるコワーキングスペース・オミラボについて、施設の魅力や利用方法などを詳しく紹介します。

記載されている内容は、2023年1月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

オミラボのデータ

オミラボ:外観
名前オミラボ
所在地広島県福山市駅家町江良113-7
電話番号084-959-6316
駐車場あり
営業時間月〜金曜:午前9時〜午後9時
土日祝日:午前9時〜午後7時
定休日不定休
休業については公式サイトを参照
利用料(税込)・ドロップイン:1日 1,100円 3時間 550円
・平日プラン:月額 8,800円
・ナイト+週末プラン:月額 7,700円
・フルタイムプラン:月額 14,300円
支払い方法
  • クレジットカード
  • PayPay
  • ・ドロップイン利用:PayPayのみ
    ・月極利用:クレジットカード(PayPal)のみ
    ・その他設備利用料など:PayPayのみ
予約の可否
会議室・オンラインルームのみ要予約
Wi-Fiあり
電源あり
利用可能備品・ドリンク
・アメニティー
・会議室(事前に予約必要)
・オンラインルーム(事前に予約必要)
・プリンター(印刷はモノクロ 10円/枚・カラー 30円/枚で、事前に利用者番号の発行が必須。スキャンは無料)
・ロッカー(月額 1,000円)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページオミラボ

道順を確認

オミラボは福山市北部・駅家町にあるWeb制作会社が運営するコワーキングスペース

オミラボ:看板

オミラボがあるのは福山市北部・駅家町

運営しているのは、Webサイトやシステムの制作・Webサービスなどを手掛ける株式会社 Omitという会社です。

オミラボは、Omitの社屋の中にあります。

そのためWeb制作やプログラミングなどの仕事や勉強をしている場合、Omitのスタッフにわからないことを相談できるのもオミラボの強みです。

またオミラボがあるのは郊外。
そのため駐車場があります。

オミラボ:駐車場図
提供:オミラボ

駐車場は、隣接する真光寺の駐車場のオミラボ側(東側)。

福山は車社会なので、車で行けるコワーキングスペースはとても便利だと思います。

なお、オミラボの料金はすべてキャッシュレス決済

月額料金のみがクレジットカード(PayPal)、ドロップイン利用料やその他の料金はPayPayです。

現金決済はできません。

オミラボの施設内容

2022年(令和4年)12月時点の情報。価格は消費税込

オミラボにはいろいろなデスクや設備があります。

もちろん、Wi-Fiや電源も利用可能

なおオミラボは土足厳禁です。
入口を開けたらすぐ靴箱がありますので、靴を入れてスリッパに履き替えてください。

順に見ていきましょう。

デスク・作業スペース

オミラボ:施設内のようす

中央には、共有デスクがあります。

卓上には、共用のコンセントが設置されています・

オミラボ:施設内のようす
カフェデスク

窓際には、カフェデスク
カフェのカウンター風の共有デスクです。

窓際にあるので明るく、作業がしやすいのではないでしょうか。

カフェデスクは、3席分あります。

オミラボ:施設内のようす
個別デスク

共有だと気が散る、ひとりで集中したいという場合、個別デスクがおすすめです。
左右と正面が仕切りで囲まれた状態になっています。

個別デスクは2席分です。

また個別デスクには、モニターが設置されています。

オミラボ:施設内のようす

持参のノートパソコンを、モニターに接続して使用可能です。

設備

オミラボ:施設内のようす
オンラインルーム

仕事をしていたら電話で話をしたり、リモート会議をしたりすることもありますよね。

そんなときは、オンラインルームが便利です。

オミラボ:施設内のようす

オンラインルームにはパソコンが置いてあり、リモート会議もできます。

オンラインルームを利用するには、事前に予約が必要です。

月額会員様は無料で利用できますが、ドロップインでのご利用の場合は追加料金 550円が必要です。

まわりのかたに気を使ったり、情報漏洩(ろうえい)を気にしたりしなくていいので安心ですね。

オミラボ:ミーティングルーム
ミーティングルーム

会議や打ち合わせ・商談などをするときには、ミーティングルームが利用できます。

6人がけのデスクで、スクリーンも利用可能です。

ミーティングルームを利用するときは、事前に予約をしてください。
ドロップインでの利用の場合は、追加料金 550円が必要です。

利用料金・利用方法については、「利用の仕方・料金」を見てください。

オミラボ:施設内のようす
プリンター・コピー機

仕事で印刷の必要がでても、オミラボにはプリンター・コピー機があるので安心です。

モノクロ1枚 10円
カラー1枚 30円
コピー料金

なおスキャンもできます。
スキャン料金は、なんと無料

コピーをするには、事前にコピー機の利用者IDの発行が必須です。
スタッフにコピーをしたいと申し出ましょう。

なおコピー料金の支払いは、PayPayのみです。

コピー機の横にある、PayPay用のコードをPayPayのアプリで読み取り、利用した金額を入力して支払ってください。

オミラボ:USBメモリー
USBメモリー(8GB)も販売

USBメモリーは1個550円で、支払いはPayPayのみです。

なお、コピー機はUSBメモリに対応しています。

コピー代やUSBメモリの領収書が欲しい場合は、スタッフに発行を依頼しましょう。

オミラボ:ロッカー
ロッカー

オミラボには、ロッカーもあります。

月極契約など、何度もオミラボに来る場合に、荷物が置いておけるので便利です。

ロッカーを利用するには事前申請が必要で、利用料金は月額1,100円

ウォーターサーバーとフリードリンク (提供:オミラボ)
ウォーターサーバーとフリードリンク (提供:オミラボ)

水・湯はフリーで飲み放題
セルフサービスです。

またお茶やコーヒーなどもあります。

手洗い場には、各種アメニティーを常備
手洗い場には、各種アメニティーを常備

アメニティーが充実しているので、急にお客さんと会うことになっても安心です。

Ads by Google

利用の仕方・料金

2022年(令和4年)12月時点の情報。価格は消費税込

ここからはオミラボの利用方法や、利用料金について紹介していきましょう。

オミラボは3時間と1日利用の「ドロップイン」2プランと、1ヶ月単位で契約して使う「月極利用」があります。

プラン利用時間帯料金 (税込)
3時間利用 (ドロップイン)月〜金:午前9時〜午後9時
土日祝:午前9時〜午後7時
1回 550円
1DAY利用 (ドロップイン)月〜金:午前9時〜午後9時
土日祝:午前9時〜午後7時
日額 1,100円
平日プラン (月極利用)月〜金:午前9時〜午後9時月額 8,800円
ナイト+週末プラン (月極利用)月〜金:午前9時〜午後9時
土日祝:午前9時〜午後7時
月額 7,700円
フルタイムプラン (月極利用)月〜金:午前9時〜午後9時
土日祝:午前9時〜午後7時
月額 14,300円
基本利用料金

なお、ドロップインと月極利用で支払方法・手順が異なります。

またミーティングルームを利用する場合、ドロップインは追加の利用料金が必要です。
月額利用の場合は、無料で利用できます。

また会議室の利用時間は、1日最大2時間までです。
オンラインルームは2時間を上限に、回数制限なく利用できます(要予約)。

プラン料金 (税込)
ドロップイン会員1人 550円
月額会員無料
ゲスト1人 550円
ミーティングルーム利用料金

なお、以下の時間帯はミーティングルームが飲食場所として利用されるため、予約できません。

ミーティングルーム利用不可時間帯
  • 午後12時〜午後12時50分
  • 午後7時〜午後8時

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ドロップイン利用の場合

ドロップインの利用料は、現地でのPayPayによる支払いのみです。

利用するには、事前に公式サイトから利用者登録をしてください。

ドロップインの利用手順は、以下のとおり。

  1. 公式サイトで利用者登録をする
  2. 完了メールを受け取る
  3. オミラボへ行き、最初に料金を支払う
  4. 利用開始

オミラボに行き、入口のドアを開けた正面に受付台があります。

オミラボ:施設内のようす
受付台

受付台の上にあるPayPayのコードを、PayPayアプリで読み取りましょう。

支払いが済んだら、受付台にある利用者名簿に名前を書いてください。

名前を書いたら、オミラボの利用を始めましょう。

領収書が欲しい場合は、スタッフに言ってください!

なお、利用者登録完了メールに記載されたIDやパスワードは、コピー機利用時などに必要です。

月極利用の場合

月額利用料金の支払いは、会員専用ページでのPayPal(ペイパル)によるクレジットカード払いのみです。

月額利用の利用手順は、以下のとおり。

  1. 公式サイトで利用者登録をする
  2. 完了メールにあるURLから会員専用ページへログイン
  3. 利用したいプランを選び、PayPalにて料金を支払う
  4. 契約完了メールを受け取る(1〜2営業日以内)
  5. オミラボに行き、利用開始

オミラボに着いたら、入口のドアを開けた正面にある受付台で利用者名簿に名前を書いて、利用を始めてください。

利用者登録完了メールに記載されたIDやパスワードは、コピー機利用時などに必要です。

ミーティングルームの利用

オミラボ:施設内のようす

ミーティングルームを利用する場合、事前に予約をしてください。

その後、オミラボで利用の受付をすませたあと、ミーティングルーム料金専用のPayPayのコードを読み取って料金を支払います。

無料見学もできる

オミラボでは、無料で見学もできます。
「利用する前にどんな施設なのか知りたい」「一度見てみて、気に入ったら使ってみたい」ときも安心ですね。

見学をするときは、事前に公式サイトから見学申し込みをしましょう。
見学希望日を3つ考えておいてください。

気になるかたは、気軽に見学へお越しください!

なお、見学時間は30分〜1時間です。

福山市北部・駅家町にあり、車でダイレクトにアクセスできるコワーキングスペース、オミラボ。

運営会社である株式会社 Omit(オミット)の代表・末吉孝臣(すえよし たかおみ)さんへインタビューをしました。

インタビューを読む

Ads by Google
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。あなたの知らない備後地方を切り取り、備後の奥深さを伝えます! 岡山県から広島県東部までの"吉備の国"の情報サイト『きびナビ』を運営。

オミラボ:施設内のようす

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

はれとこからのお知らせ

一般社団法人はれとこは「とことこシリーズ」を中心に、地域の情報発信を担う「市民ライター」育成などの活動をおこなっています。

  • 笠岡市民レポーター教室
  • 高梁川流域ライター塾
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 寄付募集
  • ホーム
  • 知っとこ
  • オミラボ 〜 福山市北部の小さなコワーキングスペース。地域のハブとなる施設を目指して