備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
オミラボ 〜 福山市北部の小さなコワーキングスペース。地域のハブとなる施設を目指して

オミラボ 〜 福山市北部の小さなコワーキングスペース。地域のハブとなる施設を目指して

観とこ / 2021.01.29

オミラボを運営する株式会社Omitの代表・末吉 孝臣さんへインタビュー

オミラボ:株式会社Omit 代表 末吉孝臣さん
代表取締役・末吉孝臣さん

福山市北部・駅家町にあり、車でダイレクトにアクセスできるコワーキングスペース、オミラボ

運営会社である株式会社 Omit(オミット)の代表・末吉孝臣(すえよし たかおみ)さんへインタビューをし、開業の経緯やオミラボの特徴・強み、今後の展望などについて話を聞きました。

福山にWeb関係の仕事同士のつながりが生まれる場所をつくりたかった

オミラボ:外観
開業の経緯を教えてほしい。

末吉 (敬称略)
オミラボは、株式会社 Omitという会社が運営しています。

Omitは2003年(平成15年)に創業しました。

Webサイトの制作やシステムの構築、Webサービスを展開するなど、おもにWeb関係の仕事をしています。

2019年(令和元年)10月に、事務所を福山中部の北吉津町から北部の駅家町に移転・新設しました。

このときに会社併設のコワーキングスペースとして、オミラボをオープンしたんです。
12月にプレオープン、翌2020年(令和2年)1月に正式オープンしました。

だから、ちょうどオープン1周年(取材時=2021年1月)ですね!

ちなみにオミラボの「オミ」はOmit、「ラボ」はラボラトリーに由来しています。

なぜ、事務所といっしょにコワーキングスペースもつくった?

末吉
私は福山出身ですが、以前に東京で仕事をしていました。

福山に帰ってきて感じたのが、東京に比べて同業の仲間やつながりができにくかったり、交流が少なかったりするということです。

セミナーや交流会とかで出会っても、なかなか交流に発展しませんでした。

だから普段いろいろな人が同じ場所で仕事をし、そこでつながりが生まれて、情報交換だったり次の新しいことが生まれたりするような場所があればいいなと感じていたんです。

その理想に近かったのが、コワーキングスペースという施設だったんですよ。

そんなときに会社を移転して新しい事務所を建てることになったので、あわせてコワーキングスペースをつくることにしました。

オミラボの特徴

オミラボ:株式会社Omit 代表 末吉孝臣さん
どんな利用者が多い?

末吉
弊社のある駅家町など福山北部は、郊外型の市街地として発展しているんです。

そして、東西と南北に大型の国道が通っています。

だから、東の井原市や笠岡市・西の府中市・北の神石高原町のかたが利用していますね。
福山中心部まで行かなくてもよく、しかも無料の駐車場もあるので。

あとは福山市北部やその周辺にある企業へ出張へ来られたかたの利用もありますね。

福山出身で現在遠方に住んでいるかたが、帰省時に使ったりすることもありますよ。

それと意外と多いのは、WebやIT関係への転職を希望しているかた

Web会社が運営しているコワーキングスペースなので、わからないことの相談ができます。

ほかにWeb業界の情報や仕事の流れなど、現場の「生」の情報が得られることにメリットを感じているそうです。

オミラボの特徴・強みは?

末吉
ひとつは、郊外にあることですね。
郊外にコワーキングスペースがあるところは、少ないと思います。

無料の駐車場もあるので、車で気軽に寄れるのはメリットではないでしょうか。
福山は車社会ですから。

それとミーティングルームを利用するのに、追加の料金が発生しないのもポイントです。
予約は必要ですが、基本料金だけでいいので気軽に使えると思います。

充実させたアメニティー、施設のレイアウト、フリードリンクなど過ごしやすいスペースなのもメリットですね。

あとは、Web制作会社が運営していることも強みです。

コワーキングスペースは、IT系のかたも多く利用されます。
わからないことがあったとき、弊社の社員に相談しても構いません。

これはWeb会社運営だからこそのメリットです。

オミラボを福山北部地域のハブ(拠点)に

オミラボ:株式会社Omit 代表 末吉孝臣さん
今後の展望ややってみたいことはある?

末吉
ひとつは、オミラボでプログラミングの勉強会を開催したいですね。

あと、オミラボが福山北部という地域のハブ(拠点)になれたらいいなと思います。

「オミラボに行ったことがキッカケで新たな出会いがあり、新しいことをやり始めた」

「オミラボに行って、自分が変われた」

そんな話を、利用者のかたがするようになればいいなと思います。

オミラボはスタッフや利用者同士のコミュニケーションがしやすいコワーキングスペース

オミラボ:プライベートデスク

オミラボは、福山北部の駅家町という郊外にある小さなコワーキングスペース。

ですが小さいからこそ、スタッフとの距離が近く、利用者同士もコミュニケーションがしやすい雰囲気なのが特徴です。

しかも車社会の福山市において、車で気軽で行けるのは大きなメリットだと思います。

またミーティングルームが基本料金のみで使えるのは、利用しやすくて便利です。

代表の末吉さんも話していたとおり、Webの会社が運営しているからWebのことについてスタッフと相談できたり、話が聞けたりするのもポイント。

同じ業界で働いていたり目指したりしている場合は、大きなメリットだと思います。

Web関係の仕事をしていたり目指したりしているかたは、オミラボを利用してみてはいかがでしょうか。

オミラボのデータ

オミラボ:外観
名前オミラボ
地域
施設の分類
所在地広島県福山市駅家町江良113-7
電話番号084-959-6316
駐車場あり
営業時間月〜金曜:午前10時〜午後0時
土日祝日:午前10時〜午後7時
定休日不定休
休業については公式サイトを参照
利用料(税込)・ドロップイン:1日 1,100円
・平日プラン:月額 8,800円
・ナイト+週末プラン:月額 7,700円
・フルタイムプラン:月額 14,300円
支払い方法
  • クレジットカード
  • PayPay
  • ・ドロップイン利用:PayPayのみ
    ・月極利用:クレジットカード(PayPal)のみ
    ・その他設備利用料など:PayPayのみ
予約の可否
会議室・フォンブースのみ予約可能
Wi-Fiあり
電源あり
利用可能備品・ドリンク
・アメニティー
・会議室(事前に予約必要)
・フォンブース(事前に予約必要)
・プリンター(印刷はモノクロ 10円/枚・カラー 30円/枚で、事前に利用者番号の発行が必須。スキャンは無料)
・ロッカー(月額 1,000円)
タバコ
トイレ
子育て
バリアフリー
ホームページオミラボ
Ads by Google
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。あなたの知らない備後地方を切り取り、備後の奥深さを伝えます! 岡山県から広島県東部までの"吉備の国"の情報サイト『きびナビ』を運営。

オミラボ:外観

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 観とこ
  • オミラボ 〜 福山市北部の小さなコワーキングスペース。地域のハブとなる施設を目指して