備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
ヤサイラーメン三十二匁(さんじゅうにもんめ)〜 名物「野菜らーめん」は香ばしい炒め野菜がてんこ盛り盛り!1人でも子連れでも行きやすい店

ヤサイラーメン三十二匁(さんじゅうにもんめ)〜 名物「野菜らーめん」は香ばしい炒め野菜がてんこ盛り盛り!1人でも子連れでも行きやすい店

食べとこ / 2023.12.22

ラーメンはおいしいですが、どうしても塩気や脂が多くしつこいイメージがありますよね。

野菜が多ければヘルシーに食べられそうな気がしませんか?

福山市には、野菜がたっぷりの「野菜らーめん」が名物の店があるのです!

それが「ヤサイラーメン 三十二匁(さんじゅうにもんめ、以下 三十二匁)」。

とにかく野菜の種類も量も多くてボリューム満点!
しかも香ばしく炒められていて、食欲も増します。

無料で「野菜増し」もできるのでお得です。
また味も、鶏そば・牛骨・豚骨と選べるのも魅力。

そんな野菜らーめんが人気の三十二匁について、人気の秘密や店のこだわりなどを紐解いていきます。

記載されている内容は、2023年12月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

ヤサイラーメン 三十二匁のデータ

三十二匁:外観
名前ヤサイラーメン 三十二匁
住所広島県福山市南蔵王町四丁目4-31
電話番号084-925-3600
駐車場あり
営業時間午前11時〜午後9時
※木曜日は午後2時まで
定休日不定休
支払い方法
  • 現金
予約の可否不可
座席全19席
・カウンター:7脚
・座敷:6人がけ3卓
タバコ
トイレ
子育て・ベビーカー入店可能
・幼児用椅子あり
・幼児用食器あり
バリアフリー車椅子入店可能だが、入口に段差あり
(トイレ非対応)
ホームページ三十二匁 公式Instagram

道順を確認

ヤサイラーメン三十二匁とは

三十二匁:モール内の様子

三十二匁は、福山市東部の南蔵王町にあるラーメン店です。

フレスタ蔵王店やププレひまわり蔵王店などがある、ショッピングモールの敷地内にあります。

そのため、買い物ついでに立ち寄れるのが魅力です。

三十二匁は2004年(平成16年)に創業した、約20年の歴史があるラーメン店。

とくに炒め野菜がたっぷりと載った「野菜らーめん」は、長年人気の看板メニューです。

福山市東部はラーメン激戦区ですが、三十二匁は激戦区の中で長く営業しています。

三十二匁:モール内の様子

三十二匁は、モール敷地内の東寄りに並ぶ建物のもっとも南側に位置しています。

なお駐車場はショッピングモール内共用なので、敷地内のどこに停めても構いません。

三十二匁:店内の様子

三十二匁の店内には、カウンター席と小上がりの座敷とがあります。

カウンター席は、全部で7脚です。

三十二匁:店内の様子

座敷は3卓。
子連れにはうれしいですね。

三十二匁:店内の様子

幼児用のイスがあるのもポイントです。

また座敷には塗り絵が置いてあるので、待ち時間に遊ばせられます。

三十二匁:店内の様子

幼児用の食器類もそろっています。

三十二匁:店内の様子

家族連れにはうれしいサービスですね。

ほかにも髪が長い人向けに、ヘアゴムも置いてありました。

メニュー紹介

2023年(令和5年)12月時点の情報。価格は消費税込

三十二匁:メニュー

三十二匁の基本的なラーメンは、鶏白湯スープの「鶏そば」、牛骨スープの「牛骨らーめん」、豚骨スープの「とんこつらーめん」の3種類です。

さらに3種類それぞれに、基本のラーメンのほかに「野菜らーめん」「チャーシューメン」のバリエーションがあります。

それ以外のラーメンとして「トマトラーメン」「濃厚鶏つけ麺」「和風ゆず塩らーめん」などがあり、さらに時季限定のメニューも。

三十二匁:メニュー

トッピングやサイドメニューも充実。

三十二匁:メニュー

お子様向けメニューもあるのは、家族連れにうれしいですね。
平日限定のランチセットもあります。

三十二匁:メニュー

日替わりセット内容は、店頭や券売機のところなどに掲示されています。

三十二匁:メニュー

なお三十二匁は、事前に食券を購入するスタイルです。

三十二匁:券売機

入口をくぐって目の前にある券売機で、食券を購入してください。

Ads by Google

イチオシ・人気のメニュー

たくさんのメニューがそろう三十二匁。

そのなかから、店のイチオシや利用者から人気のメニューを紹介します。

野菜らーめん「野菜鶏そば」

野菜鶏そば
野菜鶏そば

野菜らーめん」は、三十二匁で長年にわたり愛されている看板メニュー。
非常にリピーターが多いラーメンです。

ベースとなるラーメンによって、以下の3種類があります。

  • 野菜鶏そば(950円)
  • 牛骨野菜らーめん(950円)
  • とんこつ野菜らーめん(1,000円)

ほかに時季限定で「味噌野菜らーめん」が登場することも。

各野菜らーめんのなかでも、「野菜鶏そば」がダントツの人気

野菜鶏そばは、三十二匁でもっとも人気のあるメニューです。

三十二匁では、野菜らーめんの野菜の量を「並」か「増し」か選べます
しかも「増し」にしても価格は変わりません

さらに100円プラスで「増し増し」に、200円プラスで「増し増し増し」にできます。
以降、100円追加ごとに可能な限り野菜増しが可能です。

ちなみに無料で、野菜少なめもできます。

取材時は、野菜を「増し」にして注文しました。

三十二匁:野菜鶏そば

「増し」なので量が多いと予想はしていましたが、実際に見てみると予想を超えるボリューム感!

しかも、とても香ばしい匂いが漂い、一気に腹が減ってきます。

野菜は、炒めたものを載せています。
この炒めかたにもこだわりがあるんです!

野菜らーめんのこだわりについては、インタビューで詳しく語られていますので、ぜひ読んでみてください。

具材は非常にバラエティーに富んでいます。

三十二匁:野菜鶏そば
  • キャベツ
  • 太モヤシ
  • ニンジン
  • ニラ
  • トウモロコシ
  • キクラゲ
  • カマボコ
  • ネギ
  • フライドオニオン

白濁した鶏スープは、まろやかな甘味とうまみ、適度な塩味とともに、炒めた野菜の香ばしさや甘さが混じり、絶妙なハーモニーに。

三十二匁:野菜鶏そば

そこにかすかなピリ辛感がやってきて、たまらない味わいになります。

中太の麺は、野菜のシャキシャキ感に負けないコシの強さで、スープとの相性もバッチリです。

三十二匁:野菜鶏そば

ボリュームがあるのではと感じましたが、野菜中心なのでヘルシーで、意外とペロリと平らげてしまいました。

同じようにご年配のかたでも、野菜ラーメンをペロリと食べてしまうことが多いそうです。

牛骨チャーシューメン

牛骨チャーシューメン
牛骨チャーシューメン

チャーシューメン」も野菜ラーメンと同じく、スープによって3種類があります。

  • チャーシュー鶏そば(1,050円)
  • 牛骨チャーシューメン(1,050円)
  • チャーシュー豚骨(1,100円)

野菜らーめんは鶏そばが一番人気でしたが、チャーシューメンでは「牛骨チャーシューメン」が一番人気です。

牛骨らーめんは名前のとおり、牛の骨でダシをとったラーメン。
鳥取県伯耆(ほうき)地方や、山口県下松市周辺などが有名です。

そのため福山市周辺で牛骨らーめんが食べられる店は、大変希少だと思います。

当店の牛骨スープのこだわりは、松阪牛の牛骨を試用していること!
コクのある味わいが楽しめます。

また使っている醤油は、白醤油です。

チャーシューメンのこだわりは、たくさんのチャーシューを入れていることと、盛りつけのインパクトですね!

三十二匁のチャーシューメンは、運ばれてきてつい写真に収めてしまいたくなるほど印象的。

まるで花びらのように、丼の円周に沿ってたくさんのチャーシューが並べられているのです!

三十二匁:牛骨チャーシューメン

また、キクラゲやネギも多めです。
ほかには、フライドオニオンが入っていました。

スープは、透明感のある薄茶色をしています。

三十二匁:牛骨チャーシューメン

飲むと甘味と塩味が感じられ、そして牛のコクのある味わいがグッと濃縮されたような風味がします。

しつこいようで、意外とスッキリとしていて食べやすい味わいです。

麺は、細麺のストレート。

三十二匁:牛骨チャーシューメン

スープと細麺の相性も良く、スルスルと食べ進められます。

チャーシューは、赤身と脂身が半々くらいの割合です。

三十二匁:牛骨チャーシューメン

赤身はプリプリ、脂身はプルプルとしていて甘味があります。

たっくさんチャーシューが入っているので、食べたあとに「肉を食らったぞ」という気持ちになりました。

チャーシューメンはチャーシューが好きな人はもちろん、肉をシッカリと食べたい人におすすめです。

トマトラーメン

三十二匁:トマトラーメン

トマトラーメン」(1,100円)は、とてもめずらしいラーメンで三十二匁のオリジナルメニューです。

名前から味も見た目も想像ができませんよね。

トマトラーメンは決して万人受けするものではありませんが、一定の熱狂的なファンがいます。

とくに女性に人気ですね。

実は、長年安定した人気がある隠れた定番メニューなんです!

トマトラーメンは名前のとおり、中にトマトがドカッと入っていて、インパクトが抜群です。

三十二匁:トマトラーメン

さらに、溶き卵とチーズも入っています。

ほかの具材にはカイワレ、そしてラーメンにはめずらしいブロッコリー。

スープは赤く、一見するとミネストローネのよう。
ベースは牛骨スープだそうです。

スープにはややとろみがあり、飲むとさわやかなトマトの甘味と適度な酸味が感じられます。

そしてチーズと溶き卵のトロッとした舌触りと、チーズのまろやかな風味。

三十二匁:トマトラーメン

麺は中太。
スープに負けない力強さがあり、スープがよく絡んでモッチリとした食感を楽しめます。

三十二匁:トマトラーメン

なお提供時に、ラーメンとともにハバネロペッパーソースとライスボールが付属します。

三十二匁:トマトラーメン

好みでハバネロペッパーソースをかけるのも、おすすめだそう。

またスープが残ったあとに、ごはんを入れてリゾット風にして食べるのもおいしいです。

チリマヨからあげ

三十二匁:チリマヨからあげ

鶏のからあげは人気のサイドメニューで、「からあげ」と「チリマヨからあげ」の2種類があります。

さらに、それぞれ2個盛と5個盛がラインナップ。

取材時は、チリマヨからあげ 5個(650円)を注文しました。

「チリマヨからあげ」は、2018年に開催された日本唐揚協会主催「第9回 からあげグランプリ」で、「西日本 味バラエティー部門」において金賞を獲得しました!

チリマヨからあげは、衣にチリソースがまぶされており、さらに上からタルタルソースがかかったものです。

三十二匁:チリマヨからあげ

食べると衣はカリッとしていて、甘味とともにほど良いピリ辛感がします。

そこにタルタルのまろやかな甘味とほのかな酸味が加わり、調和しました。

さらに中の鶏肉は、プリッとしていてジューシーです。

ついもう1個食べてしまうほど、やみつきになる味わいでした。

ギョーザ

三十二匁:ギョウザ

「ギョーザ」(400円)も定番のサイドメニューで、チャーハンやからあげとともに人気があります。

なお、ギョーザは5個盛です。

当店のギョーザのこだわりは、中身にしっかりと味を付けていることです。

味付けには、醤油やゴマ油などを使っています。

そのまま食べてもおいしいと感じられるよう仕上げているのがポイント。

もちろん好みで、タレを付けてもOK。

食べると、たしかに中にはシッカリと味が付いていて、そのままでも十分においしいです。

三十二匁:ギョウザ

ジューシーで肉感が味わえます。

ヘルシーでボリューム満点の名物・野菜ラーメンが人気の三十二匁。

代表の大本浩貴(おおもと ひろき)さんへインタビューをしました。

インタビューを読む

ヤサイラーメン 三十二匁のデータ

三十二匁:外観
名前ヤサイラーメン 三十二匁
住所広島県福山市南蔵王町四丁目4-31
電話番号084-925-3600
駐車場あり
営業時間午前11時〜午後9時
※木曜日は午後2時まで
定休日不定休
支払い方法
  • 現金
予約の可否不可
座席全19席
・カウンター:7脚
・座敷:6人がけ3卓
タバコ
トイレ
子育て・ベビーカー入店可能
・幼児用椅子あり
・幼児用食器あり
バリアフリー車椅子入店可能だが、入口に段差あり
(トイレ非対応)
ホームページ三十二匁 公式Instagram
Ads by Google
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

フリーランスの取材・インタビューライター、フォトライター。地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通。企業の社員インタビューや事例紹介、採用コンテンツも。地域情報サイトも運営。カメラ片手に街を散策。あなたの知らない備後地方を切り取り、備後の奥深さを伝えます!

はれとこからのお知らせ

一般社団法人はれとこは「とことこシリーズ」を中心に、地域の情報発信を担う「市民ライター」育成などの活動をおこなっています。

  • 高梁川流域ライター塾
  • FMくらしき「倉敷とことこ」
  • 寄付募集
三十二匁:野菜鶏そば

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • ヤサイラーメン三十二匁(さんじゅうにもんめ)〜 名物「野菜らーめん」は香ばしい炒め野菜がてんこ盛り盛り!1人でも子連れでも行きやすい店