備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジ 〜 地元の人と旅行者が集まる「まちやど」の拠点

AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジ 〜 地元の人と旅行者が集まる「まちやど」の拠点

カフェ , グルメ / 2020.09.18

バーなどは行き慣れていないと、なかなかフラッと寄りにくいですよね。

気軽に寄って酒を軽く飲めたら便利です。

福山駅前にある「AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE (エリア・イン・フシミチョウ・フクヤマ・キャッスル・サイド) カフェラウンジ」は、気軽に立ち寄れるカフェラウンジ。

名前のとおり、ゲストハウス「AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE (以下:AREA INN FUSHIMICHO)」のレセプションに併設されています。

また同じフロアには映画館の受付も。

そのため、映画を見る人・見終えた人もやってくるなど、いろいろなお客さんがいます。

また、ゲストハウスのレセプションがあるので、福山市外から来た人も立ち寄ることも。

そんな気軽にドリンクやお酒が楽しめる店「AREA INN FUSHIMICHO カフェラウンジ」を紹介します。

なお、AREA INN FUSHIMICHOのゲストハウスとスタッフインタビュー、併設のコワーキングスペースhalappaの記事もあわせて見てみてください。

Ads by Google

AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジのデータ

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ&コワーキングスペース入口
名前AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジ
地域
お店の分類

ジャンル


今回の費用
消費税込み
住所広島県福山市伏見町4-33 藤本ビルディング1階
電話番号084-961-3320
駐車場なし
営業時間宿泊者ありのとき 午前8時〜午後11時(ラストオーダー 午後10時30分)
宿泊者なしのとき 午前9時〜午後9時(ラストオーダー 午後8時30分)
※詳細は店舗に確認
夜間営業
定休日なし
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • PayPay
予約の可否
電話にて予約可能
座席全37席
・カウンター席:13脚
・4人がけテーブル席:4卓
・8人がけテーブル席:1卓(相席向け)
タバコ
トイレ
子育てカフェラウンジはベビーカーの入店可能
バリアフリー・車椅子での入店可能
・トイレは車椅子非対応
ホームページAREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTEL SIDE

道順を確認

ゲストハウス「AREA INN FUSHIMICHO」のレセプションに併設するカフェラウンジ

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

AREA INN FUSHIMICHOのカフェラウンジがあるのは、ゲストハウスのレセプションと同じスペースです。

ゲストハウスを利用していない人もカフェラウンジで飲食できます

▼場所はJR福山駅前、天満屋福山店の北向かいにある「藤本ビルディング」の1階。

AREA INN FUSHIMICHO:藤本ビルディング 正面入口

▼同じフロアには、同じフューレックが運営する映画館「シネマモード」の受付もあります。

AREA INN FUSHIMICHO:藤本ビルディング 正面入口

奥に見える扉が、カフェラウンジの入口です。

▼店内には、厨房を囲むコの字型のカウンターは13脚。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ カウンター
写真提供:AREA INN FUSHIMICHO

カウンター席には一部電源コンセントが設置されていて、パソコンやスマホの充電に便利です。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

ほかにも広々としたスペースに4人がけテーブル席が4卓。さらに中央には8人がけテーブル席が1卓あります。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

カフェラウンジでは、イベントなども開催されることもあるとのこと。

佐久間 深雪さん

カフェラウンジでドリンクや食べ物を注文した場合、Wi-Fiが2時間利用できますよ!

カフェラウンジのスペースの横は、ゲストハウスのレセプションです。

▼またカフェラウンジの奥には、同じフューレックが運営するコワーキングスペース「halappa」もあります。

AREA INN FUSHIMICHO:コワーキングスペース halappa

カフェラウンジの壁に描かれたイラストレーターの絵にも注目

カフェラウンジの壁には絵が描かれています。

この絵は雑紙『ポパイ』のイラストなどで活躍するイラストレーターのエイドリアン・ホーガンさんによるもの。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

ホーガンさんが福山に訪れたときに印象的だったものが描かれています。

▼鞆の浦の仙酔島

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

▼AREA INN FUSHIMICHOのスタッフ

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

▼伏見町のAREA INN FUSHIMICHOへ通じる路地

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

▼ホーガンさんが印象に残った食べものなど

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ

AREA INN FUSHIMICHOのカフェラウンジに立ち寄った際には、ぜひ見てみてください。

AREA INN FUSHIMICHO カフェラウンジのメニュー

AREA INN FUSHIMICHOのカフェラウンジは、ドリンク類を中心に軽食類もそろっています。

メニューは通年のメニューのほか、時季限定のメニューが多いのも特徴です。
アルコール類も多数ラインナップ。

また地元の商品を使っていたり、商店などとのコラボメニューなどもあります。

たくさんあるAREA INN FUSHIMICHO カフェラウンジのメニューのなかから、スタッフおすすめのメニューを紹介します。

2020年(令和2年)8月時点の情報。 価格は消費税込

「オリジナルブレンドコーヒー」は専門店が特別にブレンドしたもの

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ コーヒー ビター深煎り

最初に紹介するのは、「オリジナルブレンドコーヒー」(460円)。

佐久間 深雪さん

オリジナルブレンドコーヒーは東広島市西条地区「くぐり門」というコーヒー専門店が、「AREA INN FUSHIMICHO ブレンド」として特別にブレンドしたコーヒーを使っています.

飲むと、コーヒーの豊かな風味や苦みが味わえ、大人のコーヒーという印象です。
コーヒーが好きなら、ホッと落ち着ける一杯ではないでしょうか。

なお、くぐり門の特別ブレンドコーヒーが楽しめるメニューは、オリジナルブレンドコーヒーとモカ、エスプレッソの3種です。

「自家製レモネード」は生口島産のレモンの自家製砂糖漬けがポイント

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ レモネード

自家製レモネード」(500円)は、見た目が美しく清涼感のあふれるドリンクです。

グラスの中には輪切りのレモンの砂糖漬けが入っています。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ レモネード
佐久間 深雪さん

レモンの砂糖漬けは、AREA INN FUSHIMICHOが漬け込んだ自家製です! 
しかも、レモン栽培が盛んな生口島(いくちじま、尾道市瀬戸田地区)産のレモンを使っています。

自家製レモン漬けは、生口島産レモンと福山産ハチミツ、氷砂糖のみでつくっているのがポイントです。

AREA INN FUSHIMICHOのレモネードはとても透明感があります。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ レモネード

透明感のあるレモネードは、レモン漬けがしっかりとつくられている証拠だそうです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ レモネード

飲むとさわやかな甘さのなかに、ほのかに酸味とレモンの風味を感じました。
夏の暑い日にピッタリではないでしょうか。

なお、レモン漬けは皮までまるごと食べられます。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ レモネード

食べてみると、レモンの強烈な酸味はなく食べやすかったです。

ほどよい甘酸っぱさと、皮のほんのりとした苦みがアクセントになり、サッパリとしました。

また、グラスの中にはきれいな水色の宝石のような個体が入っています。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ レモネード

これはAREA INN FUSHIMICHO自家製琥珀糖(こはくとう)です。

プニッとした弾力のある食感とシャリシャリとした歯ごたえのある食感が同居したおもしろい味わいで、ほのかな甘みがありました。

ちなみにレモネードはホット(500円)もあります。

「瀬戸内ソライロクリームソーダ」は美しい水色をした御当地コーラがポイント

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 瀬戸内クリームソーダ

瀬戸内ソライロクリームソーダ」(600円)は、写真映えのするインパクトあるドリンクです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 瀬戸内クリームソーダ

まず目を引くのがキレイに透き通った水色。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 瀬戸内クリームソーダ

これは「瀬戸内ソライロコーラ」です。

瀬戸内ソライロコーラは真っ青な色をした「空色」という名前がピッタリのコーラ。
福山市の齋藤飲料工業が製造し、岡山市の栄家本店が販売する御当地コーラです。

佐久間 深雪さん

瀬戸内ソライロコーラは高圧炭酸という強めの炭酸で、なんと瀬戸内海産の海水塩を使っています。

コーラに塩が入っているのは意外ではないでしょうか。

飲むと高圧炭酸のキリッとした刺激が心地よく、スッキリとした味わい。
海水塩のしょっぱさはなく、見た目から想像できないですがコーラの風味です。

さらにバニラアイスクリームやサクランボ、クリーム、レモンがトッピングされていて爽やかさを添えています。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 瀬戸内クリームソーダ

レモンはレモネードと同じもので、生口島産レモンをカフェラウンジで漬けたものです。

そのため、レモンは皮ごと食べられます。

「伏見の地ビール」は伏見町にあるクラフトビール醸造所のビールが楽しめる

伏見の地ビール」(700円)は、伏見町にあるクラフトビール醸造所「備後福山 ブルーイング カレッジ & THE BEER」がつくっている地ビールです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 伏見の地ビール
上記は展示用商品

数種類のビールが定期的に入荷しており、好きな種類が選べます。

佐久間 深雪さん

日によって入荷している種類は異なりますので、スタッフに聞いてみてください。

▼取材時は「伏見のなま」というビールを飲みました。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 伏見の地ビール

「伏見のなま」は伏見町限定です。伏見町にしか出荷されていません。

2010年代後半から日本のクラフトビールは、アメリカンスタイルが主流。

「伏見のなま」は、ポピュラーなアメリカンスタイルと違う、イギリスの上面発酵のスタイルを目指したビールです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 伏見の地ビール

ビールといえば黄金色っぽい印象ですが、「伏見のなま」は茶色をしています。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 伏見の地ビール

さわやかな味わいで飲みやすいビールだと思いました。

「ジントニック」は広島のクラフトジン「桜尾」を使用

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ ジントニック

ジントニック」(750円)は、「桜尾(さくらお)」という銘柄のジンを使ったカクテル。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ ジントニック

桜尾は、広島県の御当地ジンです。

広島県西部・廿日市市(はつかいちし)桜尾にある中国醸造という老舗の酒造会社がつくっています。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ ジントニック
佐久間 深雪さん

桜尾はジンの本場であるアメリカのコンテストで金賞を獲るほどで、世界的にも評価が高いジンです。

桜尾を使ったジントニックをグビリと飲むと、キリッとした口あたりとともにさわやかなレモンの香りが抜けていきます。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ ジントニック

なおジントニックに入っているレモンは、レモンの収穫時期であれば生口島産レモンが入ります。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ ジントニック

広島県でのレモンの収穫時期は、おおむね10月~翌年5月ごろです。

「キッシュ」は2種類がセットに

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ

キッシュ」(500円)は、「ホウレンソウとベーコン」「ボロネーゼ」の2種類のセットです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ
佐久間 深雪さん

ホウレンソウとベーコンのキッシュに使っているベーコンは、AREA INN FUSHIMICHOのすぐ北側にある池口精肉店 福山駅前店のものです!

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ

キッシュを半分に割ると、パイ生地の中にホウレンソウがギッシリ。
その中にベーコンが埋もれています。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ
佐久間 深雪さん

またボロネーゼのキッシュは、近くの入船町にある食品店「ヌフ キャトルズ」のボロネーゼソースを使用しています!

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ

半分に割ると、見事な断面が出現します。
中にはマカロニがたくさん入っていました。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ

キッシュのパイ生地はサクサクした軽やかな食感で、とても香ばしかったです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ キッシュ

またキッシュの第一印象はちょっと小ぶりな印象でしたが、食べてみると見た目以上にボリュームを感じました。

「BLTサンド」はパン屋の特製フランスパンと自家製タルタルソースがポイント

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ BLTサンド

BLTサンド」(500円)のBLTとはベーコン・レタス・トマトの略で、名前のとおりメイン具材がベーコンとレタスとトマトのサンドイッチです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ BLTサンド

サンドイッチとしては、ボリュームがあります。

具材ひとつひとつも大きめです。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ BLTサンド

なおBLTサンドはカッティングしてもらえますので、希望する場合は注文時に伝えましょう。

佐久間 深雪さん

使っているパンは、近くの今町にある「ペカールナ そらいろ」というパン屋が、AREA INN FUSHIMICHO向けとして特別につくっているフランスパンです!

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ BLTサンド

かかっているタルタルソースは、店の自家製
なめらかな舌触りで具材とよく合います。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ BLTサンド

BLTサンドをかぶりつくと、フランスパンの固めの生地を噛みしめながらパンの香ばしさが広がります。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ BLTサンド

そして、レタスのシャキシャキ感とみずみずしさ、ベーコンの塩味と肉の風味、トマトの酸味とさわやかさ、タルタルソースのまろやかな舌触りと味わいが一体となっていきました。

気軽にドリンク・酒が楽しめるAREA INN FUSHIMICHO カフェラウンジ

AREA INN FUSHIMICHO:佐久間深雪さん
スタッフ 佐久間さん

AREA INN FUSHIMICHO カフェラウンジの中にゲストハウスのレセプションがあるので、宿泊のお客さんもやって来ます。

それだけでなく、地元のお客さんも大勢やって来ていました。

AREA INN FUSHIMICHO カフェラウンジは、フラッと気軽に立ち寄れる雰囲気なのが魅力です。

休憩、待ち合わせ、映画の前や後、仕事終わりに一杯など、いろいろな使い方もできます。

ドリンクやフードも、地元感があるものが多いのも特徴。

AREA INN FUSHIMICHOは、伏見町全体を「まちやど」とするのがコンセプトのゲストハウスです。

カフェラウンジは「まちやど」の拠点となる場所といえるのではないでしょうか。

AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジのデータ

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ&コワーキングスペース入口
名前AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジ
地域
お店の分類

ジャンル


今回の費用
消費税込み
住所広島県福山市伏見町4-33 藤本ビルディング1階
電話番号084-961-3320
駐車場なし
営業時間宿泊者ありのとき 午前8時〜午後11時(ラストオーダー 午後10時30分)
宿泊者なしのとき 午前9時〜午後9時(ラストオーダー 午後8時30分)
※詳細は店舗に確認
夜間営業
定休日なし
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • PayPay
予約の可否
電話にて予約可能
座席全37席
・カウンター席:13脚
・4人がけテーブル席:4卓
・8人がけテーブル席:1卓(相席向け)
タバコ
トイレ
子育てカフェラウンジはベビーカーの入店可能
バリアフリー・車椅子での入店可能
・トイレは車椅子非対応
ホームページAREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTEL SIDE
Ads by Google
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。あなたの知らない備後地方を切り取り、備後の奥深さを伝えます! 岡山県から広島県東部までの"吉備の国"の情報サイト『きびナビ』を運営。

AREA INN FUSHIMICHO:カフェラウンジ 瀬戸内クリームソーダ

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • カフェ
  • AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE カフェラウンジ 〜 地元の人と旅行者が集まる「まちやど」の拠点