備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに 〜 ここでしか味わえない石鍋うどん「ぶに」を備後名物に。一度食べたらやみつき!たぎるスープはインパクト大

石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに 〜 ここでしか味わえない石鍋うどん「ぶに」を備後名物に。一度食べたらやみつき!たぎるスープはインパクト大

食べとこ / 2020.11.28

「うどんといったらアッサリと食べるもの」というイメージがありませんか?
たしかにダシのよく利いた、透明感があるスープのうどんはおいしいですよね。

でも福山市には、それとは違った「ハマってしまううどん」があります。

それは「ぶに」という変わった名前のうどんです。
石鍋で提供され、熱い湯気がたちこめ、スープはグツグツと音を立てています。

そんな名前も料理もインパクトがあるうどんを食べられるのが、福山市川口町の「石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに (以下、盛たに)」。

「ぶに」は個性豊かな6種類があり、時季限定のものもあります。

一度食べたらやみつきになってファンになるお客さんも多く、リピーターもたくさん。
遠くは、岡山市・倉敷市や広島市などからも通うお客さんもいるのです。

そこで、多くのお客さんをトリコにする石鍋うどん「ぶに」と、「石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに」の魅力について掘り下げます。

記載されている内容は、2020年11月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たにのデータ

盛たに:外観
名前石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
消費税別
住所広島県福山市川口町4丁目20−5
電話番号084-999-9532
駐車場あり
・店舗前に26台(うち盛たに専用は19台)、店舗裏に2台
・平日昼は、敷地入口側にある「盛たに」の名前のないスペースへの駐車はできない
営業時間午前11時〜午後3時、午後6時〜午後9時
(ラストオーダーは営業終了20分前)
夜間営業
定休日
支払い方法
  • 現金
  • PayPay
予約の可否不可
座席全38席 (新型コロナウイルス対策中:34席)

・カウンター席:8脚 (新型コロナ対策中:6脚)
・2人がけテーブル:1卓 (新型コロナ対策中:2卓)
・4人がけテーブル席:1卓 (新型コロナ対策中:0卓)
・6人がけテーブル席:2卓
・6人がけ座敷:2卓
タバコ
トイレ
子育て・ベビーカーでの入店可能
・子供用食器あり
・子供用椅子あり
バリアフリー・車椅子での入店可能
・トイレは車椅子非対応
ホームページ盛たに 公式フェイスブック

道順を確認

盛たには石鍋うどん「ぶに」が名物のうどん店

盛たに:外観

盛たには、福山市中部・川口町にあるうどん店です。

女性や年配、子供まで幅広いお客さんが訪れています。

しかも、ただのうどん店ではありません。

「ぶに」シリーズという、ユニークな名前の石鍋うどんが名物の店なのです。

盛たに:看板
盛谷和美さん

「ぶに」は、盛たに唯一無二といってもいいうどんです!
当店の看板メニューですよ!

さらに、「ぶに」以外にもぶっかけうどんシリーズや、定番の汁うどんシリーズもあります。

▼駐車場もたくさんあるので安心です。

盛たに:駐車場

なお、道路側の「盛たに」の名前が書かれていないスペースには、平日昼の駐車は控えましょう。

▼店舗裏にも2台分の駐車場がありました。

盛たに:第二駐車場

店内はカウンター席、テーブル席、座敷のテーブル席、座敷席があります。

▼カウンター席

盛たに:店内

▼テーブル席

盛たに:店内

▼座敷テーブル席

盛たに:店内

▼座敷席

盛たに:店内

なお、取材時(2020年(令和2年)10月)は、新型コロナウイルス感染症対策のため減席中でした。

▼盛たには新型コロナウイルス感染症対策にも大変力を入れています。

盛たに:コロナ対策 説明

安心して利用できるのではないでしょうか。

盛たにのメニュー

2020年(令和2年)10月時点の情報。価格は消費税別
盛たに:メニュー

「ぶに」シリーズをメインに、いろいろなうどんがそろっています。

さらにはサイドメニューやドリンクも豊富です。

▼また盛たにでは、盛たに専用ギフトカードも販売。

盛たに:ギフトカード

ギフトカードは500円券が11枚つづりで、5,000円です。
1枚分お得になっています。

豊富にそろう盛たにのメニュー。
種類別に紹介していきます。

名物の石鍋うどん「ぶに」シリーズ

盛たに:ぶに メニュー

「ぶに」は石鍋うどんと呼ばれていて、石鍋で調理され、石鍋のまま提供されるうどんです。
そのため、グツグツとした熱々のうどんを楽しめるのが魅力。

▼また「ぶに」を注文すると、ごはん1杯が無料でついてきます。

盛たに:ごはん

スープとごはんがとても合うので、ごはんを食べながら「ぶに」を食べてもおいしいです。

盛谷和美さん

ごはんを残しておいて、残ったスープをごはんにかけて食べるのもおすすめ!

▼さらに、漬物も付いてきます。

盛たに:たくあん
タクアン

また「ぶに」は種類も豊富。

メニュー価格(消費税別)特徴
赤ぶに1,000円一番人気の旨辛チゲうどん
白ぶに1,000円エビクリーミーうどん
黄ぶに1,000円石鍋カレーうどん
黒ぶに1,000円黒カレーうどん
赤もつ1,300円もつ入り旨辛チゲうどん
塩もつ1,300円もつ入り塩麹(こうじ)うどん

選ぶ楽しみも「ぶに」の魅力のひとつです。

盛谷和美さん

初めてのかたは、まず基本の「赤ぶに」を食べてみてください! うまみがタップリなので、意外と辛さは控えめに感じますよ。

辛いのがダメなかたは、初めてのメニューとして「黒ぶに」「塩もつ」もおすすめです。

ほかにも、時季限定の「ぶに」も登場します。

▼取材時(2020年10月)の時季限定は「秋ぶに」がありました。

盛たに:秋ぶに

地元・福山市鞆地区の名産である保命酒(ほうめいしゅ)酒加寿麹(さけかすこうじ)が入っています。
秋ぶには1,200円、納豆・生卵入りの”完全体”が1,400円です。

▼さらに「ぶに」はトッピングもできます。

盛たに:トッピングメニュー

人気のトッピングはヒレカツ、からあげ(鶏のからあげ)、もつまし、ニンニクなどです。

盛谷和美さん

おすすめのトッピングは「からあげ」。
スープを吸った衣がおいしいんです!

なかにはお気に入りのトッピングを入れて、約4,000円かけて「オリジナルぶに」をつくって食べるお客さんまでいます。

なお赤ぶに・赤もつ・塩もつは、プラス200円で大盛に。
白ぶに・黄ぶに・黒ぶには、プラス100円で1.5玉にできます。

地元・福山では「ぶに」の熱狂的なリピーターもいるそう。

岡山・倉敷や広島など、少し離れた地域にも「ぶに」のファンがいて、「ぶに」を目的に福山まで来るかたもいるほどです。

そんな「ぶに」シリーズの一部メニューを、詳しく紹介していきましょう。

「赤ぶに」はキムチのピリ辛とスープのうまみが広がりクセになる

盛たに:赤ぶに

「ぶに」シリーズの原点で、一番人気の「赤ぶに」。

赤ぶには通常の辛さに加え、1〜3辛まで辛さを追加できます
またトウガラシなしも可能です。

私は店長おすすめの「1辛」にしました。

▼登場と同時に、湯気をたちこめながらグツグツと滾(たぎ)っています。

盛たに:赤ぶに

まるでマグマのよう。

▼動画も撮影しましたので、グツグツを感じてみてください。

▼見るからにおいしそうです!

盛たに:赤ぶに

おいしそうな匂いもしてきて、ヨダレがこぼれ落ちます。

▼まずスープを口に運ぶと、ほどよい辛さ。

盛たに:赤ぶに

うまみが強くてピリ辛さが控えめに感じ、マイルドな味わいだと感じました。

そこへ、牛肉のうまみ、キムチのシャキシャキ感と甘酸っぱさとピリ辛さ、天かすの柔らかな食感と甘み、ネギのシャキシャキ感、糸唐辛子のからみつくような食感などが一体となり、複雑なおいしさを形成。

盛たに:赤ぶに

さらにモッチリとした太めのうどんの食感が絡んできます。

盛たに:赤ぶに

▼温泉玉子を混ぜると、まろやかな味わいに。

盛たに:赤ぶに
盛たに:赤ぶに

▼「赤ぶに」のポイントとなる、キムチ。

盛たに:赤ぶに

このキムチは、福山の人気キムチ店「キムチ美人本舗」製のキムチです。

「赤ぶに」を食べてみて、やみつきになる人が続出する理由がわかりました。

石鍋なので、長く熱々を楽しめるのもポイントだと思います。

途中でごはんを口に運びましたが、ふと考え止め、最後に残ったスープをかけて食べました。

盛たに:赤ぶに

これも「ぶに」シリーズの楽しみです。

「黒ぶに」はスパイシーさにまろやかさもある濃厚で奥深い味わい

ほかの「ぶに」シリーズでは、「黒ぶに」も食べました。

「黒ぶに」も石鍋でグツグツと滾った状態で登場です。

盛たに:黒ぶに

湯気とともにスパイシーな香りもしてきました。

盛たに:黒ぶに

▼動画も撮影しましたので、グツグツを感じてみてください。

▼「黒ぶに」のスープは濃い焦げ茶色で、意外とサラリとしています。

盛たに:黒ぶに

もちろん、スープは激アツ。

スープをすすると、まずカレーのほのかに甘くコクのあるスパイシーな風味を感じます。
それでいて、まろやかさもある奥深い味わいです。

そのあと、適度なピリ辛感があります。

▼うどん麺は、スープの焦げ茶色に染まっていました。

盛たに:黒ぶに

噛むとプニッとした感じの柔らかさと、適度なコシと弾力を兼ね備えたような食感です。

▼具材のキャベツは、柔らかながらシャキシャキ。

盛たに:黒ぶに

またやさしい甘みがあり、スープの風味と合います。

▼肉はたっぷりと入っていました。

盛たに:黒ぶに

肉の風味と脂身の甘さが、スープの中に溶け出しておいしいです。

そこへキムチのシャキシャキ感、酸味とちょっとピリ辛な味が感じられ、アクセントになります。

盛たに:黒ぶに

▼玉子は表面にチーズがかかり、おいしそうな焦げ目が付いていました。

盛たに:黒ぶに

▼そして玉子を割ると、玉子の味わいとチーズの風味が広がり、まろやかな味わいに変わります。

盛たに:黒ぶに

ほかにも、天カスなども入っていました。

「黒ぶに」はカレーの風味もありながら、複雑で奥深いコクのある味わいで、ごはんとの相性も抜群です。

ごはんは最後にスープをかけるために残すつもりでしたが、つい「黒ぶに」とともにごはんを全部食べてしまいました。

「塩もつ」は塩麹ともつのほのかな甘み・うまみが広がる

盛たに:白もつ

塩麹を使った「塩もつ」。
私はもつ好きなので、トッピングで「もつまし」にしました。

もちろん「塩もつ」も、石鍋でグツグツとした状態で出てきます。

盛たに:白もつ

▼動画も撮影しましたので、グツグツを感じてみてください。

運ばれてきた直後、ほんのりと甘さが感じられる香りがしました。
この甘い香りは、麹ともつの脂の香りだそうです。

▼注目は、中に入っているもつ

盛たに:白もつ

一切れがとても大きいんです。

盛たに:白もつ

そして、とてもプリップリの弾力あるもつです。

まるで焼肉屋で食べるホルモンのよう。

▼さらに、キャベツがたっぷりと入っています。

盛たに:白もつ

ほかに太モヤシやニラ。

▼鍋の中央には小エビとゴマです。

盛たに:白もつ

▼少し透明感のあるスープを飲んでみると、サッパリとした塩味ながらコクのある味わい。

盛たに:白もつ

そして、もつの甘みが感じられました。

さらにはキャベツや太モヤシやニラのシャキシャキ感、キャベツのほんのりとした甘みがからみ、もつの弾力のある食感と脂感と甘み、そしてエビ風味がやってきます。

うどんのモチモチ感と絡み合って、とてもおいしくなりました。

盛たに:白もつ

もつも食べごたえがあっておいしいです。
もつ好きのかたには、ぜひ食べてほしいと思います。

ぶっかけうどんシリーズ

盛たにといえば「ぶに」といわれるほど、「ぶに」の人気は圧倒的です。

いっぽうで盛たには、「ぶに」シリーズ以外のメニューも充実しています。

盛たに:ぶっかけほか

なかでも、ぶっかけうどんシリーズは根強い人気があります。

▼ぶっかけうどんシリーズも種類が豊富で、以下のようなラインナップです。

メニュー価格(消費税別)
肉ぶっかけ900円
肉とろぶっかけ1,200円
納豆ぶっかけ550円
キムチ美人ぶっかけ750円
オリーブのキムチ美人ぶっかけ950円
辛味噌ぶっかけ750円
とろろぶっかけ800円
冷玉ぶっかけ500円
ぶっかけ500円

ぶっかけうどんは、冷たいもの温かいものが選べます。
これもぶっかけうどんの魅力ではないでしょうか。

なお、大盛はプラス200円です。

盛谷和美さん

ぶっかけシリーズで人気なのは、「キムチ美人ぶっかけ」「辛味噌ぶっかけ」「肉ぶっかけ」「肉とろぶっかけ」など。
「冷玉ぶっかけ」もおすすめですね!

実際に食べたぶっかけうどんを、詳しく紹介しましょう。

「肉とろぶっかけうどん」は甘く煮た牛肉とトロロ・温泉玉子のマリアージュが魅力

盛たに:肉とろろぶっかけうどん

ぶっかけシリーズから「肉とろぶっかけうどん」を食べました。

▼ぶっかけうどんに甘く煮た牛肉が載り、さらにトロロをかけ、その上に温泉玉子が載せてある具だくさんのうどんです。

盛たに:肉とろろぶっかけうどん

ほかにもワカメ、刻みネギ、ゴマ、おろしショウガなどの具材が入っています。

▼ツユは濃いめの焦茶色です。

盛たに:肉とろろぶっかけうどん

飲むと甘めの味付けで、サッパリした味わい。
ダシの風味も広がります。

▼麺は太めで、つややかな表面が美しい。

盛たに:肉とろろぶっかけうどん

コシがありながらも、少ししなやかでモッチリとした弾力があります。
ツユとの相性もピッタリです。

盛たに:肉とろろぶっかけうどん

シッカリと全体を混ぜ混ぜして食べると、さまざまな味わいが複雑に絡み合って、飽きないおいしさになります。

麺とツユの味わいに加え、牛肉の食感と甘めの味付けと肉のうまみ、トロロの粘りのある舌触り、ワカメの食感、ネギの食感と風味、そしてショウガの風味・甘みなどが一体になるのです。

汁うどんシリーズ・その他のうどん

盛たにには「ぶに」・ぶっかけうどんのほかに、うどんの定番ともいえる汁うどんのシリーズもあります。

▼汁うどんのラインナップは以下のとおり

メニュー価格(消費税別)
肉うどん900円
肉鍋うどん1,200円
ぼっかけうどん800円
とろろうどん800円
梅干しうどん600円
納豆うどん550円
かやくうどん500円

▼さらに、「ぶに」・ぶっかけうどん・汁うどん以外のうどんもあります。

メニュー価格(消費税別)
釜出し醤油500円
チーズ釜たま650円
釜たま550円
赤焼き850円

また「ぶに」以外のうどんにも期間限定メニューが登場します。

▼取材時(2020年10月)は、「盛たにドラゴンうどん 盛龍麺」(900円)でした。

盛たに:ドラゴンうどん

なお、いずれのうどんも大盛はプラス200円です。

盛谷和美さん

「肉鍋うどん」など、昔から根強い人気のあるメニューも多いですよ!

盛たに:肉鍋うどん

▼なお「赤焼き」は「赤ぶに」を焼きうどん風にアレンジしたもの。

盛たに:赤焼き

赤焼きにも、根強いファンがいるそうです。

サイドメニューなど

盛たには、サイドメニューも豊富です。

ごはんものもたくさんあり、うどんとミニサイズのごはんもののセットもあります。

▼ランチ限定のセットメニューも。

盛たに:ランチセット

▼一品料理や飲み物もあります。

盛たに:一品・ドリンクメニュー

ほかに、クラフトビールもありました。

盛谷和美さん

サイドメニューで人気なのは「梅爆弾」「肉めし」「牛丼」などです。
お得なうどんとのセットもぜひ!

次に、サイドメニューのなかから一部を詳しく紹介します。

「梅爆弾」は人気のサイドメニュー

盛たに:梅爆弾

梅爆弾 (うめばくだん)」という変わった名前のメニューがあります。

サイドメニューのなかでも人気があるメニューだそうです。

梅爆弾は、梅干し入りの丸いおにぎりを油で揚げて、ダシ汁をかけたもの。

盛たに:梅爆弾

▼ダシ汁は、まさに揚げ出し豆腐の汁みたいです。

盛たに:梅爆弾

▼ダシ汁をよく吸ったおにぎりは、噛むたびに焦げ目の食感と香ばしさが楽しめます。

盛たに:梅爆弾

そして、ダシの味わいが染み出てくるのです。

そこへ、適度な酸味と軽い甘さのある梅の風味がアクセントになり、口をリセットしていきます。

盛たに:梅爆弾

梅爆弾を食べて、梅入りのおにぎりと揚げ出し豆腐の合体のような感じだと思いました。

「肉めし」は懐かしい甘めのタレの味わい

盛たに:肉めし

うどんとセットで食べるため、小サイズの「ミニ肉めし」を頼みました。

よく似たメニューに「牛丼」があります。
牛丼は海外産の牛肉を使っていますが、肉丼は国産牛。

そして肉丼のほうが、甘めの味わいとなっています。

福山市内の老舗食堂などにある肉めし(肉丼)の味わいのような味で、地元・福山のかたが慣れ親しんだ味わいにしているそうです。

肉めしは、ごはんの上に甘い味わいの牛肉がタップリと載っています。

盛たに:肉めし

▼ごはんにもタレがかかっていました。

盛たに:肉めし

▼食べてみると、思ったより味は濃くなく、しつこくありません。

盛たに:肉めし

牛肉といっしょにごはんを食べると、肉の甘い味わいとうまみがごはんにピッタリです。

また、ミニのわりに意外と量は多めに感じました。

盛たにのFacebookやブログ、インスタ、スマホアプリにも注目!

盛たには、Facebookブログインスタグラムに力を入れています。

Facebookやブログ、Instagramはほぼ毎日更新。
お得なキャンペーン情報やスタッフの日常などが投稿されています。

▼また、盛たにで食事中に、注文したうどんをFacebookまたはInstagramに投稿し店員に見せると、アイスクリームが1個サービス!

盛たに:SNSサービス

さらにiPhone(iOS)Androidのスマートフォンアプリもあります。

盛たに:スマホアプリ

アプリの日記も、ほぼ毎日更新。

アプリはポイントカードも兼ねています。
お店に行ったときにスタッフに見せると、ポイントが貯まります。

貯まったポイントに応じて食事券として利用できるのでお得。
実物のポイントカードと違って、無くすこともなく、カードを持っていく必要もないので便利ではないでしょうか。

またアプリ上で、お得なクーポンが発行されることもあります。

▼取材のときは、アイスクリーム1個無料クーポンがありました。

盛たに:アイスクリーム バニラ

盛たにのアプリは、ダウンロードしておくといいかもしれません。

なお複数のクーポンやチケットなどの同時使用はできないので、注意しましょう。

毎月22日は「ぶにの日」!ポイントが5倍に

盛たに:ぶにの日

盛たには、「ぶに」との語呂合わせで毎月22日を「ぶにの日」としています。

「ぶにの日」に盛たにで食事すると、アプリのスタンプが5倍になるんです!

これはお得ではないでしょうか。

なお22日が定休日の場合は、翌営業日が「ぶにの日」になります。

一度食べたらトリコになってしまうほど人気の石鍋うどん「ぶに」。

「ぶに」の生みの親で、盛たにのオーナー・盛谷 和美 (もりたに かずみ)さんへインタビューをしました。

インタビューを読む

石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たにのデータ

盛たに:外観
名前石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに
地域
お店の分類
ジャンル
今回の費用
消費税別
住所広島県福山市川口町4丁目20−5
電話番号084-999-9532
駐車場あり
・店舗前に26台(うち盛たに専用は19台)、店舗裏に2台
・平日昼は、敷地入口側にある「盛たに」の名前のないスペースへの駐車はできない
営業時間午前11時〜午後3時、午後6時〜午後9時
(ラストオーダーは営業終了20分前)
夜間営業
定休日
支払い方法
  • 現金
  • PayPay
予約の可否不可
座席全38席 (新型コロナウイルス対策中:34席)

・カウンター席:8脚 (新型コロナ対策中:6脚)
・2人がけテーブル:1卓 (新型コロナ対策中:2卓)
・4人がけテーブル席:1卓 (新型コロナ対策中:0卓)
・6人がけテーブル席:2卓
・6人がけ座敷:2卓
タバコ
トイレ
子育て・ベビーカーでの入店可能
・子供用食器あり
・子供用椅子あり
バリアフリー・車椅子での入店可能
・トイレは車椅子非対応
ホームページ盛たに 公式フェイスブック
Ads by Google
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。あなたの知らない備後地方を切り取り、備後の奥深さを伝えます! 岡山県から広島県東部までの"吉備の国"の情報サイト『きびナビ』を運営。

盛たに:赤ぶに

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 食べとこ
  • 石鍋うどん専門店 ぶに家 盛たに 〜 ここでしか味わえない石鍋うどん「ぶに」を備後名物に。一度食べたらやみつき!たぎるスープはインパクト大