備後とことこ 福山・尾道・笠岡をもっと好きになる
いろは丸展示館 〜 坂本龍馬が鞆の浦を訪れていた!幕末の「いろは丸事件」を現代に伝える資料館

いろは丸展示館 〜 坂本龍馬が鞆の浦を訪れていた!幕末の「いろは丸事件」を現代に伝える資料館

観とこ / 2021.02.21

幕末を代表する偉人のひとり、坂本龍馬(さかもと りょうま)。

坂本龍馬が福山・鞆の浦に滞在していたことを知っていますか?

龍馬が鞆の浦を訪れるキッカケとなったのが「いろは丸事件」です。

いろは丸事件について知れる施設が、鞆の浦の常夜灯広場にある「いろは丸展示館」。

地元の有志の努力でいろは丸の調査がおこなわれ、その成果やいろは丸の遺物などがたくさん展示されています。

また展示館の建物は、なんと築300年の大きな蔵。
登録有形文化財に指定されているのです。

坂本龍馬が鞆の浦に来るキッカケとなったいろは丸事件を現代に伝える、いろは丸展示館について紹介します。

館内の写真はSNS投稿禁止です。また、一部に撮影禁止の展示物があります。見学の際は注意してください。

記載されている内容は、2021年2月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

Ads by Yahoo! JAPAN

いろは丸展示館のデータ

いろは丸展示館:外観
お手洗いがないため、事前に用を足しておくこと
名前いろは丸展示館
地域
施設の分類
所要時間
所在地広島県福山市鞆町鞆843-1
電話番号084-982-1681
駐車場なし
開館時間午前10時〜午後5時
※ 入館は午後4時30分まで
(新型コロナウイルス感染症拡大対策として、当面は土日祝祭日のみの開館)
休館日月、火、水、木、金
新型コロナウイルス感染症拡大対策として、当面は平日と年末年始を休館
(通常の休館日は年末年始のみ)
入館料(税込)・小学生以上:200円
・未就学児:無料
・団体(30名以上):一般 150円、小中学生 100円
支払い方法
  • 現金
予約の可否
団体のみ
タバコ
トイレ
子育てベビーカーの入館可
バリアフリー入口に段差あり
ホームページ鞆と龍馬といろは丸|鞆の浦(とものうら).jp

道順を確認

いろは丸展示館とは

いろは丸展示館:看板

いろは丸展示館は、福山市南西部・鞆町にある資料館です。

「鞆の浦」のシンボルともいえる常夜灯(じょうやとう)前の「常夜灯広場」にあります。

いろは丸展示館:外観

江戸時代末期に笠岡市六島沖でおきた、坂本龍馬海援隊(かいえんたい)が乗った船「いろは丸」が沈没した「いろは丸事件」について資料を展示しています。

実は、いろは丸沈没地点では潜水調査がおこなわれてきました。

いろは丸展示館では、潜水調査で発見されたいろは丸の遺物や、調査のようす、調査結果などを展示しています。

なお、常夜灯広場にはカフェ「a cafe」や土産物店「鞆一商店」もあります。

いろは丸展示館の入館料

令和3年(2021年)1月時点の情報。 料金は消費税込

いろは丸展示館の入館料は、以下のとおりです。

対象料金
一般(小学生以上)200円
未就学児無料
団体(30名以上)一般:150円
小中学生:100円

「いろは丸事件」とは?坂本龍馬と鞆の浦の関わり

そもそも「いろは丸事件」とは、どんな事件なのでしょうか。
坂本龍馬と鞆の浦には、どんな関連があったのでしょう。

いろは丸事件・坂本龍馬と鞆の浦との関わりについて紹介していきます。

江戸幕府最後の年である慶応3年(1867年)の4月23日深夜、「いろは丸」という船と「明光丸(めいこうまる)」という船が、現在の笠岡市笠岡諸島の六島(むしま)付近で衝突しました。

いろは丸は大坂(現 大阪市)を目指して東へ、明光丸は長崎を目指して西へ進んでいたときの事故です。

いろは丸展示館:いろは丸・明光丸衝突
いろは丸・明光丸 航路図

いろは丸は大洲藩(おおずはん:現在の愛媛県大洲市に拠点を置いた藩)が所有する160トンの蒸気船で、坂本龍馬らの海援隊(かいえんたい)が乗り込んでいました。

いっぽう、明光丸は紀州藩(現在の和歌山市に拠点を置いた藩)が所有していた887トンの大型蒸気船です。

衝突事故でいろは丸は、大きく壊れてしまいます。
そこで衝突地点から一番近い港町・鞆の浦(鞆津)まで、明光丸が引いていくことになりました。

しかし、いろは丸は途中の宇治島沖で沈没したのです。

いろは丸展示館:いろは丸沈没地点
いろは丸の沈没地点図

海援隊と紀州藩は鞆の町に上陸し、龍馬は商家の桝屋清右衛門(ますや せいえもん)宅(現 龍馬の隠れ部屋 桝屋清右衛門宅)に宿泊。
紀州藩は、圓福寺(えんぷくじ)に泊まりました。

そして双方の宿泊所のほぼ中間にある商家・魚屋萬藏(うおや まんぞう)宅(現 御舟宿いろは)と福禅寺 対潮楼(ふくぜんじ たいちょうろう)で賠償の談判(交渉)をおこなうことになります。

談判は4日間にわたっておこなわれましたが、決着はしませんでした。

決着せぬまま、紀州藩は長崎へ向かって出航。
龍馬らは、鞆の浦に停泊していた長州藩(現在の山口県に拠点を置いた藩)の船に乗り、あとを追っていきます。

長崎でも談判がおこなわれて決着し、紀州藩から海援隊側に賠償金が支払われることになりました。

ちなみに「いろは丸事件」は日本最初の蒸気船同士の海難事故で、同時に日本最初の万国公法による海難審判事件です。

なお、鞆の浦で龍馬ら海援隊が泊まった桝屋清右衛門宅、紀州藩が泊まった圓福寺、談判がおこなわれた魚屋萬藏宅・福禅寺 対潮楼は現存しています。

沈没した「いろは丸」の調査

いろは丸の沈没地点は、昭和63年(1988年)から平成16年(2004年)までのあいだで、計5回にわたって学術的な潜水調査がおこなわれました。

調査は、地元・鞆の浦の有志グループが中心となったのです。

昭和63年の第1次調査では鋼材などが引き上げられ、19世紀のヨーロッパ製の蒸気船と判明。

平成元年(1989年)の第3次調査によって、調査地点で発見された遺物はいろは丸であるとほぼ断定されました。

平成2年(1990年)には、文化庁によって「水中遺跡」に指定されています。

平成16年の第5次調査は、日本テレビ『24時間テレビ 愛は地球を救う』内で放映され、大きな注目を浴びました。

なお令和3年1月現在、談判で龍馬がいろは丸に載せていたと主張した鉄砲や砂糖の痕跡は発見されていません。

いろは丸展示館では、調査のようすや調査結果、調査で発見された遺物などが展示・紹介されています。

いろは丸展示館の館内の紹介

いよいよ、いろは丸の館内を紹介していきます。

館内の写真はSNS投稿禁止です。また、一部に撮影禁止の展示物があります。見学の際は注意してください。

1階はいろは丸と潜水調査に関する展示

入口をくぐるとすぐ、向かって右手に受付窓口があります。

いろは丸展示館:坂本龍馬写真
受付の横には巨大な坂本龍馬が
いろは丸展示館:館内
内部は梁や柱・天井など、蔵時代の趣を残す

龍馬グッズの販売もしていました。

いろは丸展示館:坂本龍馬クイズ
館内は随所に龍馬やいろは丸事件などに関するクイズが
いろは丸展示館:坂本龍馬クイズ
クイズは三択で、ボタンを押して回答

クイズ形式なので、小中学生などでも楽しく学べます。

圧巻なのは、潜水調査時のようすをリアルに再現したスペース。

いろは丸展示館:潜水作業再現ジオラマ
海底のようすを忠実に再現
いろは丸展示館:潜水作業再現ジオラマ
実物の70%のスケール
いろは丸展示館:潜水作業再現ジオラマ
いろは丸の形がわかる
いろは丸展示館:潜水作業再現ジオラマ
いろは丸の全長は約40メートル、幅は約5.6メートルだったことが判明

いろは丸の甲板には、燃料の石炭が大量に散乱していたそう。

いろは丸展示館:石炭
展示されているのは、回収された実際の石炭
いろは丸展示館:潜水作業再現ジオラマ
潜水調査の方法の解説
いろは丸展示館:遺物の展示
引き上げられた遺物の展示コーナー

遺物はたくさんあり、おもにいろは丸の部品や積荷などです。

  • 木製滑車
  • ドアノブ
  • フック
  • 蝶番(ちょうつがい)
  • ランプ
  • 鉄製の棒・パイプ
  • 蛇口
  • ゴング
  • 機械類
  • 明かり採り用ガラスブロック
  • 木箱
  • すずり
  • 革靴
  • 古伊万里焼の茶碗
  • 鮫皮の台座
  • ガラス容器
  • コーヒーカップ
  • 燃料用石炭
いろは丸展示館:遺物 ドアノブ・フック・蝶番・銭貨
木片付フック、ドアノブ、銭貨、蝶番
いろは丸展示館:遺物 滑車
滑車
いろは丸展示館:遺物 ガラスブロック
明かり採り用ガラスブロック
いろは丸展示館:遺物 蛇口・機械類
機械類・蛇口
いろは丸展示館:遺物 デッドアイ・ビレイビン・ランプ・金具
船のパーツ類
いろは丸展示館:遺物 積荷 茶碗など
積荷(茶碗、コーヒーカップなど)

遺物の中には、龍馬が主張していた400丁の鉄砲砂糖の遺物や痕跡はありませんでした。

龍馬は当時高級品だった鉄砲や砂糖を載せていたことを理由に、多額の賠償金を請求していたのです。

そのため鉄砲や砂糖などの主張は、賠償金を増額するための龍馬のハッタリだったという説があります。

いっぽう、まだ調査は完全におこなわれたわけではありません

今後さらに調査がおこなわれた場合、鉄砲や砂糖の痕跡が発見される可能性があります。

坂本龍馬は商売人でもあったので、本当に鉄砲や砂糖が積まれていたかもしれません。

いろは丸展示館:テッポウ・サトウ論争
鉄砲・砂糖を積んでいたのかの考察

またいろは丸と明光丸の衝突は、本当に明光丸側に非があったのかどうかという論争もあります。

いろは丸展示館:いろは丸と明光丸のどちらに非があるか
いろは丸と明光丸の航路の検証

ほかに展示は、沈没前のいろは丸の推定図などがありました。

また映像での紹介もあるので、いろは丸事件について気軽に知れます。

2階は龍馬が鞆の浦に隠れて滞在した部屋を再現

龍馬が鞆の浦に滞在したとき、泊まった桝屋清右衛門宅では2階の隠れ部屋に身をひそめていました。

いろは丸展示館の2階では、龍馬が滞在した隠れ部屋を再現しています。

いろは丸展示館:龍馬の隠れ部屋の再現

部屋の中には、なんと坂本龍馬の人形が!

いろは丸展示館:坂本龍馬人形
かなりリアルな造形の龍馬人形
いろは丸展示館:坂本龍馬人形
眼光は鋭い

部屋の中には入れませんが、部屋の前で龍馬人形と写真を撮れます。

取材時(令和3年1月)は、いろは丸事件150年観光キャンペーンとして坂本龍馬にコスプレして写真を撮れる企画をしていました。

なお2階の天井や梁は、蔵のものをそのまま使用。

いろは丸展示館:2階 天井・梁・柱・壁
築300年の歴史ある登録有形文化財の雰囲気を感じる

ちなみに、実際に龍馬が宿泊した桝屋清右衛門宅では、龍馬が隠れていた部屋が残っています

桝屋清右衛門宅(MASUYA):隠れ部屋
実際の隠れ部屋

見学もできますので、いろは丸展示館とあわせて寄ってみてはいかがでしょうか。

建物にも注目!築およそ300年の登録有形文化財

いろは丸展示館:外観

いろは丸展示館は、建物も重要です。

実はいろは丸展示館の建物は、大きな蔵。
築300年ほどの古い建物なのです。

蔵は江戸時代から明治時代初期にかけて、保命酒(ほうめいしゅ)の醸造・販売をしていた豪商・中村家が所有していました。

保命酒は現在も鞆の浦の名物となっている薬用酒。

船で運ばれてきた保命酒づくりの材料を保管する蔵として利用されていました。
だから、海沿いにあるのです。

そして鞆で有数の大きさの蔵だったので、通称「大蔵(おおくら)」と呼ばれていました。

明治以降は太田家が所有し、倉庫などいろいろなことに使われています。

いろは丸展示館として利用されたのは、平成元年からです。

いろは丸展示館:登録有形文化財標

なお、いろは丸展示館の蔵は平成12年(2000年)に、文化庁によって登録有形文化財に指定されました。

いろは丸といろは丸事件についてや、沈没地点の調査などについて知れるいろは丸展示館。

館長で「鞆を愛する会」の赤松宏記(あかまつ ひろき)さんへインタビューをしました。

インタビューを読む

いろは丸展示館のデータ

いろは丸展示館:外観
お手洗いがないため、事前に用を足しておくこと
名前いろは丸展示館
地域
施設の分類
所要時間
所在地広島県福山市鞆町鞆843-1
電話番号084-982-1681
駐車場なし
開館時間午前10時〜午後5時
※ 入館は午後4時30分まで
(新型コロナウイルス感染症拡大対策として、当面は土日祝祭日のみの開館)
休館日月、火、水、木、金
新型コロナウイルス感染症拡大対策として、当面は平日と年末年始を休館
(通常の休館日は年末年始のみ)
入館料(税込)・小学生以上:200円
・未就学児:無料
・団体(30名以上):一般 150円、小中学生 100円
支払い方法
  • 現金
予約の可否
団体のみ
タバコ
トイレ
子育てベビーカーの入館可
バリアフリー入口に段差あり
ホームページ鞆と龍馬といろは丸|鞆の浦(とものうら).jp
Ads by Google
アサノ ・ヨウスケ

アサノ ・ヨウスケ

地域の文化・地理・歴史・食べ物などに精通するフォトライター・コンテンツ制作者。カメラ片手に街を散策。あなたの知らない備後地方を切り取り、備後の奥深さを伝えます! 岡山県から広島県東部までの"吉備の国"の情報サイト『きびナビ』を運営。

いろは丸展示館:外観

この記事が気に入ったら

最新情報をお届けします。

  • ホーム
  • 観とこ
  • いろは丸展示館 〜 坂本龍馬が鞆の浦を訪れていた!幕末の「いろは丸事件」を現代に伝える資料館